体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音読、お風呂…今日からできる!語彙力を高める方法――【言葉の専門家×若者】社会で活躍するための“語彙力”基礎講座<後>

音読、お風呂…今日からできる!語彙力を高める方法――【言葉の専門家×若者】社会で活躍するための“語彙力”基礎講座<後>

「語彙があるビジネスマンはデキる」「難しい言葉を使える人はかっこいい」。そんな風潮は昔からあるものだが、会話であれ、LINEであれ、普段言葉でコミュニケーションを取っている私たちは、よりたくさんの言葉を知っておいたほうがいい。

でも、そう簡単に語彙力を身に付けることはできない。

一体どうすれば人が「オッ!?」と思うような言葉をスラスラと使えるようになるのだろう?

そこで新刊JPは、昨年の「忖度」ブームで話題を呼び、11月にはオーディオブック化もした『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』(ワニブックス刊)、そして最新刊『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ【超「基礎」編】』を出版した大東文化大学文学部准教授の山口謠司さんをお招きして、「言葉」の使い方に普段から悩む若者たち4人と座談会を行った。

「社会で活躍するための“語彙力”基礎講座」後編は、語彙力の高め方を山口さんに教えてもらった。参加者は山口さん、社会人3年目の佐伯さん、大学生の秋吉君、岩崎さん、山口さんの息子・テオ君、そして新刊JP編集部・金井の6人だ。

前編:なぜ語彙力があると「デキる」と思われやすいの?

(構成・文:金井元貴)

■語彙力を高める秘密兵器は「お風呂」と「オーディオブック」

――座談会前半では「語彙力って何ですか?」という質問に答えていただきました。続く後半のテーマは私も知りたい「語彙力の高め方」です。

佐伯:これは知りたいよね。

テオ:知りたいです。

―― 一体どうすればいいのでしょうか?

山口:まず覚えておいてほしいのは、私たちが普段生活する中で使う基礎語と呼ばれる言葉は高校を卒業するくらいまでにほとんど学んでいらっしゃいます。そこからさらに語彙力を広げようとするならば、言葉を組み合わせた熟語などを覚えて、増やしていけばいいんです。

岩崎:増やしていくといっても、具体的にどうすればいいのでしょうか? 普段の生活の中でできることとかあれば教えてほしいです。

山口効果的なのは音読ですね。声に出して読む。今って、本を読むときも黙読ばかりでしょ? 音読というのは、目を使い、口を使い、耳を使って言葉を自分に染み込ませます。黙読は目だけなので、自分に嘘をつけるんです。分かった気になれてしまう。そうなると、語彙力は付きません。

秋吉:ただ、なかなか音読できる場所がないんですよね。

山口:そう。そこでおすすめがお風呂です。湿度が高いので喉にも優しく、音が響くので、自分の声がいい感じに耳に伝わります。また、音読は滑舌をよくするためにも役立ちます。そうやって言葉を自分に染み込ませていく。リズムで覚えていくんです。

――これは繰り返しが必要ですよね。一度だけでは身に着かないというか。

山口1分でも2分でもいいんです。繰り返しやりましょう。例えば、誰かからすごく読みごたえのあるメールをもらったとします。こんなメールを自分も書きたい。そう思ったら、印刷してお風呂に持っていって、湯船に浸かりながらそれを読むんです。

ただ、文章なら何でも良いというわけではもちろんありません。例えば若い方を対象にしている本は、若い方と同じ言葉を使って書かれていますから、新しい言葉の習得は難しいでしょう。自分が使わない言葉を使っている本、自分とは世代が違う人たちが書いた本。例えば、遠藤周作さんや北杜夫さんは、非常にユーモア溢れる本を書いている一方で語彙力はすごいものがあります。

秋吉:自分はあまりその世代の小説を読まないんですけど、言葉の鋭さ、表現力はすごいというのは肌感覚で分かります。

山口それでも難しいという人は、オーディオブックを活用してみるのがおすすめですね。聞くということにプラスして、シャドーイングをしましょう。英語やフランス語など、海外語の習得には欠かせないシャドーイングですが、日本語でも同じです。読み上げられた音声をすぐに自分の声で繰り返す。まずはオーディオブックを聞きながら本で字を追いかけていき、さらにもう一度聞きながらシャドーイングをすると最強です。

オーディオブックは読み上げの再生速度を変えることができますから、上手く利用しながら発声していくことが、語彙力を高める良い訓練になるはずです。

■「多様な人とのコミュニケーション」は言葉を学ぶ絶好の場

岩崎:今、音読が大事だとおっしゃられていましたが、そもそも音読をした時に漢字の読みを間違えて覚えてしまっていることが多くて、それが悩みなのですが解決法はありますか?

山口:若いから、間違えて覚えていてもいいんですよ。間違えていたら誰かが「読み方が違うよ」って指摘してくれるはずです。それには言葉を人前で使うことが前提で、どんどん使うしかないんです。新しい言葉を知ったら、使ってみて分からなければ教えてもらう。また、辞書やインターネットの辞典で調べるというのも手ですね。

岩崎:そうなんですね。ありがとうございます。

佐伯:山口先生もそうやって語彙力を高められてきたんですか?

山口:そうですよ。私は漢文を教えているのですが、読み方が分からない漢字も出てきます。そのときには専門の先生のところに「教えてください」と聞きに行っています

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。