体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロマネスク、ゴシックの違いは?ヨーロッパ旅行がもっと楽しくなる建築豆知識

ロマネスク、ゴシックってどう違うの?ヨーロッパ旅行がもっと楽しくなる建築豆知識
ロココ建築のエカテリーナ宮殿

ヨーロッパを旅すると、教会や修道院、宮殿をはじめ、あちこちで美しい歴史的建造物に出会います。

ところが、「これはロマネスク様式」「これはゴシック様式」などと聞いても、なんとなくわかったようなわからないような気がするというのが正直なところではないでしょうか。

これを知っておけばヨーロッパ旅行がもっと楽しくなる、ヨーロッパにおける5つの主要な建築様式とその特徴、代表的な建造物をご紹介します。

ロマネスク建築(10世紀末~)

ロマネスク、ゴシックってどう違うの?ヨーロッパ旅行がもっと楽しくなる建築豆知識
ドイツ、トリーアの大聖堂

10世紀後半にフランスや北イタリア、ドイツではじまり、ヨーロッパ各地に広まっていったのがロマネスク建築です。とりわけ11世紀から12世紀にかけて建てられたヨーロッパの教会や修道院に、ロマネスク建築の特徴をもつ建物が多数みられます。

ロマネスク建築は必ずしも一定のルールをもつものではなく、スタイルは地域によって異なります。一般に厚い壁や小さな窓、半円アーチなどが特徴。外観・内観と質実剛健で、のちに登場する装飾性の高い建築様式とはまったく印象が異なります。

ロマネスク、ゴシックってどう違うの?ヨーロッパ旅行がもっと楽しくなる建築豆知識
スペイン、サント・ドミンゴ・デ・シロスの修道院

なかでも特徴的なのが重厚な壁。ロマネスク建築では、石造りの天井が外側に向かって力を働かせる構造になっていたため、その天井の重みを分厚い石の壁で支える必要があったのです。

ロマネスク建築では壁の厚みが1メートルを超えるものも珍しくなく、シンプルでありながらも歴史の重みが伝わってくる独特の重厚感が持ち味です。

ロマネスク、ゴシックってどう違うの?ヨーロッパ旅行がもっと楽しくなる建築豆知識
代表的なロマネスク建築の例として挙げられるのが、イタリアにあるピサ大聖堂。ピサといえば斜塔で有名ですが、ピサのドゥオモ広場に建てられた複数の建築物の中核をなすのが大聖堂です。

ロマネスク建築とはいえ、ローマ時代の建築様式やビザンチン文化の影響も受けており、さまざまな時代の建築様式が融合したユニークな建物です。

ゴシック建築(12世紀なかば~)

ロマネスク、ゴシックってどう違うの?ヨーロッパ旅行がもっと楽しくなる建築豆知識
イタリア、ミラノのドゥオモ

ロマネスク建築の要素をさらに発展、洗練させて生まれたのがゴシック建築。12世紀なかばに花開き、イギリス、ドイツなどの北部ヨーロッパの国々を中心に広まっていきました。

ロマネスク、ゴシックってどう違うの?ヨーロッパ旅行がもっと楽しくなる建築豆知識
フランス、パリのノートルダム大聖堂

ゴシック建築は、今でもヨーロッパの古い教会や聖堂などに最もよくみられる建築様式のひとつ。特に町を代表する建造物である大聖堂に多用されたため、ヨーロッパ旅行で目にする機会が多いのです。

中世の人々にとって、町を象徴する壮麗な大聖堂は、神の存在を示すものであると同時に、それ自体が希望でもありました。

ゴシック建築の構造上の特徴として、「リヴ・ヴォールト」と呼ばれる円形状の天井と、尖塔アーチ、「フライング・バットレス」と呼ばれる外壁を支える飛梁が挙げられます。

1 2 3 4次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。