体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

えっ、この言葉もダメなの?!あなたの知らない“放送禁止用語”の世界

どうもどうもどうも、河原乞食歴17年の丸野裕行です!
(※編注・「河原乞食」:役者・俳優などの芸能人を卑しめていった語)

以前、私もソラトニワというラジオ局で、パーソナリティーをつとめていたラジオ番組がありました。放送禁止用語ばかり言いすぎて、1年半で打ち切りとなってしまったわけなんですけれども。

これがまぁ、土曜日の午後7時30分からのゴールデンタイムに放送する内容ではなくてですね、各業界の裏社会で生きる方をお迎えしまして、さまざまなお話を聞くという番組だったんです。

元闇金融の人からはじまり、現役のSM嬢ソープ嬢裏風俗の人ヤクザ盗人オナニストなんかもやってきまして、ウラネタ話に花を咲かせるというものでした。

しかしですよ、電波に乗せてはいけない言葉というのがありまして、再三注意を受けておりました。
僕とディレクターが上の人に……。

色々調べてみると、中には「これも放送禁止用語なの?」という言葉もありまして、今回は、「それはさすがにヤバいだろう……」というド直球の言葉ではなく、あなたが知らない“放送禁止用語”を解説していきましょう。

板前、おまわりさんすらNGのご時世

人格・人権を損なう言葉や肉体的・精神的な侮蔑の言葉は別にして、職業差別用語というものが放送禁止用語の中には数多く含まれています。

職業差別用語というわけではなく、女性蔑視の言葉としては、看護婦さんやOLさん、スチュワーデスさん、女中さん、産婆さんなどがありますが、あくまでも女性側の人権を配慮して、女性看護師さん、女子社員さん、キャビンアテンダントさん、家政婦さん、助産師などと言い換えるわけですね。

ここまでは納得できるんですが、なんと、板前さんおまわりさん運ちゃん坊主土建屋町医者郵便屋さん潜水夫パーマ屋床屋散髪屋日雇いなんてのも放送上適切ではない、放送倫理規定に反する言葉とされます。

大好きな作家である中島らもさんの著書『こらっ』にもありますが、彼のラジオ番組に“虚無僧(こむそう)”という言葉が出てきて、録音が一時中断したとか。

なんでも、“虚無僧”はC級放送禁止用語になっているようです。

このように放送禁止用語とは、A級、B級、C級という風にランク分けがされているようなんですね。

例えば、少し前にフジテレビの『バイキング』にゲスト出演した小林旭が放った“キチガイ”はA級放送禁止用語で、アイスのブランドにもあった“エスキモー”がB級虚無僧がC級に当たるわけです。なんとなくわかるような、わからないような、微妙な感覚ですよね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy