体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[動画]高校野球のグラウンドが目の前に存在した!舞台『おおきく振りかぶって』だからこそ生まれる球児たちの熱量

ひぐちアサ先生原作による大人気野球漫画『おおきく振りかぶって』が舞台化。2月12日まで池袋サンシャイン劇場で上演中。日本随一の人気劇団・キャラメルボックスの成井豊氏が手がけた、舞台版『おお振り』の様子を動画を交えてレポートします。

“人が人を想う気持ち”をテーマに、「誰が観ても分かる」「誰が観ても楽しめる」エンターテインメント作品を創り続けている成井氏が、「弱者の物語」と評した『おお振り』。舞台上には、熱い高校野球のグラウンドが存在していました。

※すべての画像・動画が表示されない場合はOtajoからご覧ください。
http://otajo.jp/71118[リンク]

主人公の気弱なピッチャー、三橋を演じるのは『仮面ライダーゴースト』で主演を務めた西銘駿さん。

バッテリーを組む阿部は、多くの舞台作品画で活躍し、現在日本テレビ系の木曜ドラマ『リピート ~運命を変える10か月~』にも出演している猪野広樹さんが演じます。

モモカンこと百枝まりあを演じる久住小春さんは「男勝りな役をやったことがなくて稽古場から苦戦した」と語りましたが、快活な姿はモモカンそのもの。あの甘夏絞りシーンも再現!

そして、マイクをつける作品が多い中、舞台版『おお振り』は、キャラメルボックスの成井氏演出ということもあり、マイクなし! キャストの生の声を後ろのお客さんにまで届けなければならないのです。

気弱な三橋の戸惑うセリフ、思い悩むセリフなども声が届くように演じなければならない……、これは大変です。「40%くらいしか表に出さない三橋の感情を、胸に秘めている部分も出して100%お客さんに伝えたい。気持ちを出すようなお芝居をしている」と西銘さん。「アニメなどとは少し違う三橋かも……」とコメントしましたが、声を張るからこそ届くセリフや演技の勢いがあり、これは舞台版だからこそ生まれる熱量。それを生で観客が感じることができます。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。