体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「フリーなんやったらウチと遊ばへん?」 ロスに苦しむ義父と独占夫の熾烈な応酬! 色気づいた爆弾娘の逆ナン攻撃 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

「やっぱりあの2人は?」雨の日に思い出す懐かしい過去

髭黒が玉鬘を自宅へ連れ去ってから、六条院へは何の連絡もありません。「あれから一言もないなんて。こんな策略とは知らず、油断した」と苦々しく思う一方、玉鬘のいないこの家が寂しくて、寝ても起きても彼女の面影を思い浮かべています。

一方の玉鬘も、何から何まで合わない夫との生活に倦んでいました。季節の移ろいや、自然の美しさに心を動かされても、共感し合ったりできない人なのです。

ひどく雨の降る退屈な日。源氏は玉鬘と過ごした日々を思い出して、手紙を書きます。「こんな春の雨の日、あなたは私のことを思い出してくれていますか。いろいろ思うことはありますが、それをどう伝えたらいいのだろう」。玉鬘に直接ではなく、ついて行った右近あてに送りました。

右近が髭黒のいない時を見計らって手紙を見せると、玉鬘の目からは涙があふれます。複雑で素直に受け入れられなかったけれど、源氏と私は心が通い合っていた。恋人とも父親とも違う、名付けようのない関係だったけれど、そこには確かに両想いの気持ちがあった、と。

何気ない内容ですが、玉鬘には源氏の言いたいことが手に取るように伝わります。でも実の親ではないので、ストレートに「帰りたい、会いたい」とも言えず、やりきれない気持ちです。

右近はその様子を見て「やっぱりお2人は……?」といぶかしみます。玉鬘は源氏との危うい関係を口外していませんが、女房の右近は何かあるとうすうす感じていました。

真相は不明なものの、こうして泣いている彼女を見ると、「関係がどこまで進んでいたんだろう?」と改めて思うわけです。まあ、右近以外にも怪しく思っていた人はいそうですけどね。夕霧さえ見て誤解したものを、一番近くにいるはずの女房が見ていないというのは妙ですよね。

「去っていったあの人」あちこちで玉鬘ロス続く

玉鬘の返信を読んだ源氏は、文面から彼女の涙がこぼれてくるようで泣きそうです。でも養女の手紙を読んで泣くわけにもいかず、気分転換に琴を弾いてみます。が、一生懸命和琴を練習していた彼女の様子を思い出して、また胸がいっぱいに。一事が万事こんな感じで、まだまだ玉鬘ロスから抜け出せそうにありません。

帝も、玉鬘のことを思い出しては「去っていったあの人……」と、残念そうです。実際「また是非宮中に来て欲しい」と、こっそり手紙も送っています。来なければ来ないで諦めたでしょうが、なまじちょっとだけ会ったのがかえって逆効果でしたね。

しかし今の玉鬘には「嬉しいわ、また是非お会いしたい」という心の余裕はありません。「私の人生にもう恋愛なんて」と、真面目な返事をするのみ。もともと恋愛体質の人ではかったものの、ここへ来てますますそんな気もなくした、という感じ。

髭黒との退屈な日常に押し込められた玉鬘には、六条院で過ごした日々が輝いて見えます。何より、源氏は(セクハラもあったけど)自分を尊重し、決して嫌がることをしなかった。それがいかにありがたかったか、改めて思い起こされるのでした。

「いつまでも娘扱いして」夫VS養父!男の熾烈な応酬

更に時は過ぎ、季節はすっかり晩春。六条院では山吹や藤が見頃を迎えています。それを見るにつけても、山吹の花のように明るく華やかだった玉鬘がここにいないことが、寂しくてたまりません。

源氏は季節の品と共に、玉鬘へ贈ります。「連絡がなくて寂しいですが、それをあなたのせいだけにするのもおかしいですね。特別なことでもないと会えない間柄なのが残念です。我が家で育った雁の子を、誰が握って隠しているのだろう」。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。