体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バス停のリアルすぎるマネキン広告 正体はNetflix『オルタード・カーボン』の広告

米カリフォルニア州ウェスト・ハリウッドのサンタモニカ・ブルバード沿いのバス停に“リアルすぎるマネキン広告”が出現し、現地テレビ局がニュースとして報道するなど話題となっています。

West Hollywood bus stop ad for new Netflix show creeps some out(YouTube)
https://youtu.be/fi9QT24nd5g

West Hollywood Bus Stop Ad Creeping Some People Out(YouTube)
https://youtu.be/UqMmQ9xxTiA

広告主は『Netflix』で、2018年2月2日から配信が始まったリチャード・モーガンによるサイバーパンク小説が原作のオリジナルドラマ、『オルタード・カーボン』の広告です。人口呼吸器が装着されたまま真空パックされた主人公タケシ・コヴァッチをリアルに再現したマネキンを、バス停の壁に収納した広告です。見た目や質感だけでなく、ドラマの1シーンさながらに呼吸に合わせて体が微妙に収縮するという、ハリウッドならではのリアリティーを追求した広告となっています。

何事も賛否わかれるのが世の常です。この“リアルすぎるマネキン広告”も「死体みたいで気持ち悪いわね」といった否定的な声もあれば、「こうしたアートが町中にあるのはいいね」といった肯定的な声も聞かれました。いずれにせよ、広告を仕掛ける側としては、“リアルすぎるマネキン広告”は成功したと言えるのではないでしょうか。テレビ局がニュースとして取り上げただけでなく、ニュースサイトやSNSでも話題となったので、費用対効果の面では予算以上のリターンがあったものと思われます。

オルタード・カーボン | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト
https://www.netflix.com/jp/title/80097140

※画像:
https://www.youtube.com/watch?v=fi9QT24nd5g

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。