体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2018年2月)、Nougatが全体のトップに、Oreoは1.1%

Google は 2 月 6 日、Android OS のバージョン別シェアを 2018 年 2 月分に更新しました。2 月のシェアは、1 位が Nougat 28.5%(前回 26.3%)、2 位が Marshmallow 28.1%(前回 28.6%)、3 位が Lollipop 24.6%(前回 25.1%)、4 位が KitKat 12.0%(前回 12.8%)、5 位が Jelly Bean 5.0%(前回 5.6%)、6 位 が Oreo 1.1%(前回 0.7%)、7 位が Ice Cream Sandwich 0.4%(前回 0.5%)、8 位が Gingerbread 0.3%(前回 0.4%)という結果でした。今回で全体のトップが Marshmallow から Nougat に交代となりました。Nougat は最初にリリースされて 1 年 3 ヶ月を経てようやくトップに立ったことになります。また Nougat のシェア増加の勢いはまだまだ止まらないようなので、次回は 30% を超え、最終的にシェアは 40% 近くまで伸びると予想されます。最も普及した OS バージョンの一つとも言えそうです。最新バージョン Oreo のシェアはまだ 1.1% ほどなので、今後もしばらくは Nougat、Marshmallow、Lollipop の 3 バージョンが全体の大半を占める構図を保ちそうです。Source : Android Developers

■関連記事
NTTドコモ、2画面折りたたみ式スマホ「M Z-01K」を2月9日に発売
Google、一部のGoogle Voiceユーザーに転送先番号の所有を再確認中
Quadcopter FX Simulator : リアルなドローンに近い操作性で操縦トレーニングにも最適なシミュレーターアプリ

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy