体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「結婚しても私は私」美人妻とイケメンの急接近に嫉妬! 天下の光源氏を二度ハメた”束縛夫”の本領発揮 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

急にどうした?中止になった宮仕え、突然再開

髭黒との結婚以降、彼の奥さんが子供をつれて実家に帰ったり、奥さんの両親(主に母親)が罵詈雑言を撒き散らしたりとイヤなことばかり。玉鬘はますますふさぎ込んで、どんよりしたまま年末年始を迎えました。

ところが年明け、髭黒が突然「私のせいで宮仕えが中止になってしまった。陛下もご機嫌斜めのようだし、源氏の大臣も内大臣も内心ご不快だろうと思う。年も明けたし、今から参内してみてはどうだろう。でも、ほんの短い時間だけですよ」と言い出しました。

源氏を含め皆が「宮仕えには反対の髭黒が急にどうした?」と疑問に思いますが、ともあれ男踏歌(貴族の男子が宮中や大臣宅などを歌い歩くパレード)をきっかけに、玉鬘はついに宮中へ。源氏や夕霧、実の兄弟の柏木達も手伝い、華やかに参内しました。

宮中には玉鬘の部屋も設けられました。が、通路を挟んで反対側には髭黒の奥さんの妹・王女御の部屋が……。向こうからすれば姉から夫を奪った憎い女がこんな近くに!というところでしょう。「通路を挟んだだけの距離であるが、お心の中は遠く隔たっていただろう」とありますが、もう100km位遠そう。

現在、冷泉帝の後宮には秋好中宮、弘徽殿女御、王女御、左大臣の女御の他、身分が低い更衣は2名ほど。桐壺帝は割と女好きで「女御更衣がたくさん」で「美人と見ると見過ごせない」タイプでしたが、冷泉帝は淡白そう。おまけに、源氏の母・桐壺更衣をえこひいきしまくり、いじめを誘発してしまった桐壺帝と比べ、冷泉帝はどの方の顔も立てて、スマートに対応しています。

その配慮のお陰でどの人にも華はあるものの、実質は中宮と弘徽殿のツートップ。彼女たち以外の女御が2人しかいないというのも、源氏と頭の中将の勢力の強さをよく表しています。

この王女御も、陛下とはいとこの関係からお情けを頂けるだろうと期待していましたが、それ以上に愛されるということはなく、親のせいで源氏の後援も得られず劣勢。そのため、源氏の養女として鳴り物入りでやってきた玉鬘のことは、二重三重に嫌だったでしょうね。

「仲良さそうで羨ましい」好きな女を奪われた悲しいピエロの嫌味

男踏歌は各所を回りながら玉鬘のところにやってきました。宮中で見るイベントはまた格別で、心が洗われる思いです。髭黒との生活にくさくさしていた女房たちも、「こんな素敵な世界にもっといられたらいいのに」と、久々の羽伸ばしをしています。

一方、髭黒は勤務中。職場の近衛府の詰め所にいます。同じ宮中にいるとは言え妻がどうしているか気がかりで、しょっちゅう「今夜には退出しよう。このまま宮中に残るのはよくない」と手紙を出してきます。メールばっかりしてないで、ちゃんと仕事してくださいよ!

玉鬘は「せっかく来たのに、もう?」と興ざめで完全にスルー。代わりに女房が「今夜とは急すぎます。源氏の大臣からも“せっかくだから急ぐことはない。退出は陛下のお許しが出た時で”と仰せつかっています」と返信。

自分の思惑を無視され、髭黒は「ちょっとだけ、と言ったのに。ちっとも言うことを聞いてくれない。うまくいかないもんだ」とため息。何もかも一方的なうえに、言うことを聞けとはちょっと無理やりすぎませんか。

風流ごとには欠かせない文化人として、今日のイベントに蛍宮も来ていました。でも目の前で髭黒が玉鬘にひっきりなしに手紙を出しているのを見ると、とても冷静ではいられない。嫉妬で心が煮えくり返りそうです。思い余って、髭黒の目を盗んでこっそりと手紙を送りました。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会