体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2017/2/2号:食人に目覚める少女の鮮血青春ドラマ『RAW 少女のめざめ』

ホラー通信がセレクトする今週公開の映画をご紹介します。

今週は、ベジタリアンの少女が食人に目覚める衝撃の青春ドラマ『RAW 少女のめざめ』が遂に公開。そのあらすじのインパクトのせいでしょうか、日本公開が決定する以前から耳の早い映画ファンの間で話題になっていました。2017年、日本で行われたフランス映画祭でいち早く上映された折にはチケットが即完売。反響を受けて発売された追加席も争奪戦となる事態に……。いよいよ全国の劇場で公開ですので、皆様ぜひお見逃しなく! また、“失神者続出!”などの触れ込みがありましたが、ベースは少女の成長を描く青春ドラマであり、ビジュアル的なグロテスクさもそれほどでもないように思います(『グリーン・インフェルノ』とかに比べれば)。まあ、ちょこっと血の気が引く描写はあるので体調を整え臨んでください! 観て損はさせない、独創的な傑作ですから。

それでは今週も行ってらっしゃい!

『RAW 少女のめざめ』 2月2日公開

<ストーリー>
少女の成長を通じて“究極の愛”が描かれる。

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口にする。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

上映館:TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国
この映画の記事:ベジタリアンの少女が、愛と食人に目覚める―― 痛くて生々しいむきだしの青春ドラマ『RAW 少女のめざめ』
リンク:映画公式サイト

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。