体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【伊豆クレイルの旅】伊豆下田でひと足早い春の訪れを楽しむ

【伊豆クレイルの旅】伊豆下田でひと足早い春の訪れを楽しむ

こんにちは! トラベルライターの伊佐知美です。
女性に大人気という、リゾート列車「伊豆クレイル(IZU CRAILE)」。
今回は、この「食べて、飲んで、おしゃべりして過ごす」がテーマの列車に乗って、一足早い春の訪れを楽しめる伊豆下田に、1泊2日で遊びに行ってきました!

伊豆クレイルとは?

伊豆クレイルは、自然豊かな景色を眺めながら、伊豆の食材を使用したオリジナル料理やドリンクをゆっくりと味わえ、そのうえ生演奏や大切な人との会話を心ゆくまで楽しめるリゾート列車。
二人用のカウンター席と向かい合わせの席がある1号車、バーカウンターとラウンジがある2号車、個室がある3号車、回転式シートとボックスシートの4号車の4両編成です。
まずはJR東京駅から特急「踊り子」に乗って約1時間、「伊豆クレイル」の始発駅、JR小田原駅まで向かいます。

伊豆クレイル

ホームにはすでに伊豆クレイルが停車していました。車体には伊豆ゆかりの桜や海風、さざ波などが、テーマカラーであるピンクゴールドのラインで描かれていて、洗練された雰囲気!
小田原駅を11時40分に出発。伊豆急下田駅までを、約2時間半かけて“ゆっくり”走ります(特急「踊り子」だと約1時間40分)。日によって変動はありますが、基本的には1日1往復の運行だそう。

伊豆クレイル

記念撮影をたっぷり楽しんだら、さぁいざ乗車! 

伊豆クレイル 1号車

乗車した1号車の通路のカーペットは、桜の花びらが川面を流れる様子を描いているのだそう。そして天井は、朝日に照らされた竹林が織り成す影をイメージしているのだとか。

ちょうどお昼どき、ということで、座席にはすでにランチの準備が♪ 料理の監修は、東京・目黒の人気フランス家庭料理レストラン「モルソー」の秋元さくらオーナーシェフ。

伊豆クレイル ランチ

2018年1月〜3月は「クレイルスタイル・ウィンターランチセット」を提供。
ワンボックスランチの中身は、以下のように伊豆産の食材尽くし。

・箱根西麓牛もも肉のロースト 柚子の香りのグリビッシュソース
・南伊豆産伊勢海老と豆乳クリームのグラタン(冬バージョン)
・鶏胸肉の低温調理 金柑の香りのキャロットラペ添え
・南伊豆産菜の花のマスタード和え
・真イワシのオイルサーディン 自家製セミドライトマト、モッツァレラ、オリーブを取り合わせて
・河津桜のチップで燻した金太郎マスのポテトサラダ
・伊豆の青のりと伊豆産ネギのオムレツ
・伊豆鹿肉のボロネーゼ風ペンネ

何から食べようか、ついつい迷い箸……。もも肉のローストはしっとり柔らかく、伊勢海老と豆乳クリームのグラタンは香りよくクリーミー! 箸休めの菜の花も、金太郎マスのポテトサラダも、しっかりめの味付けで、それぞれ個性が違うから最後まで飽きずに楽しみながらいただけます。オーダーした「伊豆ニューサマーサイダー」との相性も抜群! 何を食べても伊豆の恵みが感じられて、視界も味覚も伊豆尽くしの時間です。

伊豆クレイル 車窓からの風景

食事の間、列車はずっと海沿いを走ります。
この日は運良く雲ひとつない快晴。太陽の光が海を照らし、きらっきらと反射するまぶしさに目を閉じそうになりつつも、この美しい瞬間の連続を見逃してはならない……! と見つめてしまう水面の妙……。
また、道中では二度、ビューポイントで停車して、景色と記念撮影をゆっくりと楽しめます。
伊豆クレイル 片瀬白田駅からの風景

眼下に広がる海は、どこまでもキレイ

1カ所目はJR根布川駅、2カ所目がこちらの片瀬白田駅です。
どちらも広い窓から海をしっかりと望める、美しい時間でした。
※復路は「片瀬白田」駅のみで停車。

食後にはデザートの提供も。この日は「伊豆みかんのパウンドケーキ」と「伊豆産イチゴのジュレ」!

伊豆クレイル デザート

甘すぎない、ちょうどいい量のデザートをぺろりといただいたころ、2号車でミニライブを行うとのアナウンスが。
この日は鈴木美也子さんによる、ボサノヴァの弾き語りでした。

伊豆クレイル 2号車
1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。