体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

公道が冒険の舞台になる位置情報RPG『八百万クエスト』を一足先に遊んでみました

公道が冒険の舞台になる位置情報RPG『八百万クエスト』を一足先に遊んでみました

トイロジックが2月にリリースするiOS/Android向け位置情報RPG『八百万クエスト』。プレス向けの体験会に参加してきたので、レポートをお届けします。

yaoyorozu2 yaoyorozu3

『八百万クエスト』は、ゼンリンの地図情報を利用することにより、全国のすべての公道をゲームの舞台にして遊べる位置情報RPG。街を歩いてゲームを遊ぶことができます。

yaoyorozu4 yaoyorozu5

プレイヤーは実際の地図と連動するダンジョン上に現れる敵とのバトルやイベントを通してシナリオを進行、キャラクターを獲得したり育成していく本格的なRPGが楽しめます。ゲームは2人から4人のマルチプレイにも対応。協力して開けられる宝箱や、複数プレイヤーで一緒に戦うボスが出現します。

yaoyorozu6

キャラクターは、日本ゆかりの武将や偉人、妖怪、昔話などから150以上を収録。毎月新キャラクターを追加していきます。

yaoyorozu7

ゲームの大きな特徴となるのが『ご利益システム』。重要キャラクターの“ヤオヨロズ”とプレイ中に“ご縁”を深めていき、“ご縁”が100%になると“ご利益”を獲得できます。“ご利益”は図鑑に追加されていくので、“ご利益”のコンプリートを目指すのもゲームの目的のひとつ。特定の“ご利益”を組み合わせることで、特殊な効果が発動する“恩恵”を獲得することができます。

yaoyorozu8

歩いて遊ぶゲームならではの機能として、ゲーム中にひとつの冒険中の移動距離や1日の移動距離、累積の総移動距離、消費カロリーなどを表示することが可能。日々歩くモチベーションとして、ゲームを活用することもできます。

歩いてゲームを体験してみた

yaoyorozu9

ゲームの説明を受けたトイロジックの会議室から外に出て、実際に歩き回って遊んでみました。ゲームを起動してホーム画面の「冒険」から「ひとりで冒険」を選択。伊達政宗が登場するクエストをプレイしてみます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会