体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アクションRPG『ティルキッス』がフリー化!激動の物語と弾幕STG風のボス戦が絡み合う名作、その魅力に改めて迫る

tirkiss-title

ゲームサークルMIR_Revisionは2017年12月31日、有償同人ソフトとして頒布していた弾幕アクションRPG『ティルキッス ~Princess Shade~』を、フリーソフトとして公開した。

『ティルキッス ~Princess Shade~』は、2006年にリリースされた作品。見下ろし型の2DアクションRPGをベースにボス戦は弾幕シューティングゲーム風になるという独特の構成や、練り込まれたレベルデザイン、濃厚な人間ドラマが描かれるストーリーなどにより名作として名高い作品だ。リリースから10年以上を経てのフリー化というこの機会に、改めてその魅力を紹介したい。

騎士の少女を中心に描かれる恋と陰謀、そして信念の物語

本作の舞台となるのは幻想の国、イリスフィード。主人公の少女ティルキッス(通称ティル)が、騎士になるため田舎から王都へ出てくるところから物語は始まる。騎士となり、さまざまな人々と出会いながら成長していくティルだが、やがてイリスフィードを包み込む陰謀の渦に巻き込まれていく……。

本作の魅力のひとつが、可愛らしい絵柄で描かれる個性的なキャラクター達。王位継承が控えているがワガママで脳天気な姫マルガリータや、口は悪いが面倒見のいい先輩騎士ジャスティ、優しく頼りがいのある先輩騎士アイロネイアといった人物達と交流しながら物語が展開していく。ジャスティへの反発やアイロネイアへの淡い恋など、明るく真っ直ぐなティルの姿が感情豊かに描かれるのも微笑ましい。

tirkiss-tir
主人公のティルキッス。周りからは軽んじられがちなマルガリータ姫を、自分は支えようと決意する

tirkiss-aer
騎士アイロネイア。優しく頼りがいのある先輩に、ティルは淡い恋心を抱く

しかし物語が進むと、それぞれの思惑や隠されていた事実が徐々に垣間見えてくる。本作のシナリオは話数で区切られており、起承転結のはっきりとしたテンポのよいものだが、とくに「転」の盛り上がりが圧巻。さまざまな伏線が収束し、登場人物達の信念がぶつかり合い、描き込まれたキャラクタードットによる演出も相まって屈指の名シーンとなっている。そのテンションも覚めやらぬままクライマックスへと突入し、ドラマティックな物語を一気に駆け抜けるように堪能できるのがシナリオ面における本作の大きな見どころだ。

tirkiss-story-1
tirkiss-story-2
それぞれの信念や激しい感情がぶつかり合う、熱いシナリオが魅力

ボス戦は弾幕バトル!剣と魔法の両方を使いこなす立ち回りも醍醐味

本作のフィールドは、画面端へ移動すると画面が切り替わるタイプ。街や草原など自由に行き来できるマップのほか、ストーリーの進行に応じて攻略していくことになるダンジョンがあり、こちらは1画面ごとに「特定の敵の撃破」「目的地(画面端)への到達」といったクリア条件を満たすことで先に進める、ステージクリア型アクションゲームのような作りとなっている。1画面ごとにタイムリミットがあり、クリア時の残り時間とノーミスなどの各種条件によってボーナス経験値が得られるのもポイントだ。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会