体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「この家を出ていくけれどどうか私のこと忘れないでね」家庭崩壊でついに別居! 父を待つ少女の涙とゲス妄想を撒き散らす”性悪ババア” ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

「もう限界だ!帰ってきなさい」家庭崩壊に父の怒り爆発

香炉の灰をぶっかけたあの発作以降、奥さんの容態は回復せず。祈祷も一向に効果がありません。愛想を尽かした髭黒は「世間体が悪い」と、自宅へ戻るのを避けていました。

でも気になるのは子供のこと。髭黒は奥さんとは別棟に子どもたちを集めて、時々様子を見に行っていました。3人のうち、一番上の長女は13歳、長男は10歳、次男が8歳。世話する女房たちがいるからまだいいようなものの、今だったら育児放棄と言われる案件です。

いよいよ完全な家庭崩壊と聞き、奥さんの父・式部卿宮は「もう限界だろう。このまま生活を続ける意味がどこにあるのか。早くこっちに帰ってきなさい」と、息子たち(奥さんの兄弟)に命じて迎えに行かせます。

「子どもたちの将来が心配」母の悲しい別居宣言

奥さんの兄弟たちが牛車を連ねてやって来ました。実家は手狭なのでおつきの女房たちも全員一緒には行けません。「覚悟していたけれど、ついにその日が来た」と、奥さんについていくメンバーは別れを惜しみ、無念の思いで荷物をまとめます。

幸い、奥さんは少し人心地がついたところでした。まだ迷いはありましたが、「このまま夫に完全に捨てられるよりは、自分から実家に帰るほうがいい」と決意。無心に遊んでいる子どもたちを呼んで自分の前に座らせます。

お母さまはお父さまと別々に暮らすことにしました。これから、お祖父さまの家に行きます。お前たちはまだ幼いのに家族がバラバラになるなんて、本当に悲しいこと。

姫はとにかくお母さまと一緒に。男の子たちは、将来を考えるとお父さまと一緒にいるほうがいいだろうけれど、あまり面倒を見てくださるとは思えない。どっちつかずの暮らしになるでしょうね。

お祖父さまがお元気なうちは人並みに生きていけるでしょうが、源氏の大臣や内大臣(頭の中将)が幅を利かせている世の中だから、目をつけられれば出世するのは難しいわ。だからといって出家して、山ごもりするのも大変だし……」。

男の子たちは髭黒の跡継ぎという立場なので、お父さんについて宮中に上がり、将来の基盤を固めなければいけない。既に長男は童殿上(元服前の子どもが宮中で見習いをする事)をしていて、賢いとよく褒められています。

一方、長女のお姉ちゃんは13歳。今だと中学生ですが、当時では縁談が来てもいい年頃です。今後については未定ですが、玉鬘に夢中の髭黒が年頃の娘の面倒を見るはずもなく、継母に預けるのも心配です。消去法で、とりあえずお母さんと一緒におじいちゃんの家に行くしかなさそうです。

久しぶりに正常になったお母さんがこう言って泣くのを、子どもたちはよくわからないままに悲しく聞いています。子どもたちの乳母も「あんなに優しかった殿が、こんなに冷淡になって」と嘆くのでした。

「最後にお別れを」父を待ち続けた娘の願い

日が暮れて雪が降りそうな曇天です。迎えにきた奥さんの兄弟たちは「天気が荒れそうだから早く」と催促。今日も髭黒は六条院で、帰ってきそうにありません。

長女はお父さん子で、髭黒もこの娘をとても可愛がっていました。「お父さまにお別れも言わずに行ってしまうなんていや!もう、お会い出来なくなるかもしれないのに……」と、ここへきて出立を渋ります。

「どうしてそんなワガママを言うの。お母さまを悲しませないで」と母がなだめるのも聞かず、長女は「だって、お父さまが帰ってくるかもしれないわ。お父さま、帰ってきて、お願い……!」。彼女の願いも空しく、雪が降り出し夜が更けていきます。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。