体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【恐怖】コインチェックは以前から危険だった事が判明 / 利用者がハッカーから襲われた瞬間を公開

coincheck-hacker1

ビットコインやXEMなどの仮想通貨取引サービス「コインチェック」(Coincheck)にハッカーが不正アクセスし、仮想通貨を約580億円出金される被害が生じている騒動は、多くの人たちに不安と恐怖をもたらしている。

それもそのはず、2018年1月27日現在、コインチェックに預けていたお金を引き出すことができず、「このまま倒産するのではないか」「GOXするのではないか」とも言われているからだ。

・仮想通貨を引き出そうとするハッカー
そんな状況下で、ひとつの動画が大きな注目を集めている。コインチェック利用者のニックネーム「ろいす」さんが、仮想通貨を引き出そうとするハッカーに襲われ、その攻防のようすを動画でYouTubeに掲載しているのだ。

coincheck-hacker
coincheck-hacker2

・ビットコインを引き出そうとアタック
ろいすさんのコインチェック口座が2017年にハッカーに襲われ、どんどん仮想通貨のビットコインを引き出そうとアタックされた。しかしろいすさんはハッカーに気が付き、タイミング良く出金をキャンセルさせ、どうにか自分の資産を守り切った。

そんなろいすさんが、同じようにコインチェックで仮想通貨取引をしている人たちに注意喚起している。

・ろいすさんの注意喚起コメント
「コインチェックお使いの方は、資産大丈夫か確認して セキュリティーチェックしてください。まさかの私がハッキングされました」

・コインチェックは危険な状態
ちなみにろいすさんは、アドレスを変更したらハッカーの攻撃が止んだという。この動画が意味することはひとつ。つまり、以前からコインチェックは危険な状態にあったということである。

コインチェックは2018年1月26日深夜に記者会見を開いたものの「検討中」とばかり話し、多くの人たちが不信感を持ち「倒産するとしか思えない」との声が出ている。また、コインチェック本社前には多くの人達が集まり、なかには怒りをぶつけている人もいた。


もっと詳しく読む: コインチェックは以前から危険だった事が判明 / 利用者がハッカーから襲われた瞬間を公開(バズプラス Buzz Plus) ttp://buzz-plus.com/article/2018/01/27/coincheck-bitcoin-hacker/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会