体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

簡単導入!郵便物が届くと通知してくれるモニタリングセンサー「Mynder」

自宅の郵便ボックスへ郵便物を確認しに行ってはため息をついて戻ってくることを繰り返したことのある人は多いのではないだろうか?

そういう人は「郵便ボックスに物が届いたことを気付けたらなぁ」と思うはずだ。それを可能にするアイテムがKickstaterに登場した。

しかも、導入も大変簡単なのだ。それが「Mynder」だ。

・郵便物をモニタリング!

Mynderは、郵便ボックスの中に入れて使うモニタリングセンサーだ。郵便物が郵便ボックスに投函される際の動きを検知し、ユーザーにメール、SMS、電話で通知を送ることができるのだ。

本体にSIMカードを差し込んで使うこととなるため、キャリアのネットワークエリア内であればどこでも使える。SIMカードの月額契約ではなく、使った分だけチャージしている料金から引かれる「プリペイド」式の契約で利用することを想定しているようだ。

・バッテリー駆動は1年間!

内蔵型のバッテリーを使っており、なんと1回充電すると約1年間もつとのこと。使うときは、マグネットで郵便ボックスの中の側面に貼り付け、センサーが投函口を向くようにセットするのみだ。

郵便物の種類までは認識できないので、広告も含め、あらゆる郵便物に反応してしまう点は少し不安だ。人によっては郵便物がやたら届くこともあるはずなので、ひっきりなしに通知を送られてはたまったものではない。

値段は今なら79カナダドル(約7010円)で、キャンペーンは2018年3月24日まで実施されている。利用者を選びそうなアイテムだが、一応日本への配送にも対応しているぞ。

執筆:Doga

Mynder/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。