体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2018年冬ドラマ初回ランキング! 満足度1位はどのドラマ?

▲テレビウォッチャーによる集計

2018年1月期放送民放プライム帯ドラマも全てが出揃ったため、毎日2400人から視聴調査を行っているテレビウォッチャーのデータ、接触数(視聴数)、録画数、満足度(5段階評価)の初回数値を比較してみた。(1月22日集計分)

接触数(視聴数)ランキング 1位は「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」

▲TBS「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」公式HPより

触数とは、番組に接触した人数のことである。視聴率とは違い、出先やワンセグなど、どのような形態であってその番組に接触した人数を表している。

1位 接触数168 「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」主演 松本潤
2位 接触数138 「BG~身辺警護人~」主演 木村拓哉
3位 接触数136 「アンナチュラル」主演 石原さとみ

テレビウォッチャーが集計した数値では、木村拓哉主演の「BG~身辺警護人~」を松本潤主演「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」が上回った。「99.9-刑事専門弁護士-」は女性接触数だけでなく、男性接触でも1位となっており、男女ともに高い関心を寄せられたことが、今回1位に輝いた要因だったようだ。

「99.9-刑事専門弁護士-」は続編ドラマというアドバンテージがあったものの、世代交代を感じずにはいられないランキングとなった。

録画数ランキング 1位は「アンナチュラル」

▲TBS「アンナチュラル」公式HPより

1位 録画数132 「アンナチュラル」主演 石原さとみ
2位 録画数122 「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」主演 松本潤
2位 録画数122 「BG~身辺警護人~」主演 木村拓哉

録画数ランキングを見ると、接触数ランキングと面子の代わり映えはしないものの、「アンナチュラル」が1位に躍り出た。
これには、放送時間や曜日も影響していると思われる。「BG~身辺警護人~」と「99.9-刑事専門弁護士-」は21時からの放送だが、「アンナチュラル」は金曜の22時から放送となっている。

華の金曜日という言葉はもう古い言い回しではあるが、金曜の夜は外食を好む人も多いということから録画数が上昇したと思われる。ただし、そこには「録画してでもみたい」と思わせるだけの要素が必要であり、「アンナチュラル」にはその要素があったということだろう。

満足度ランキング 1位は「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」

1位 満足度3.97 「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」主演 松本潤
2位 満足度3.87 「アンナチュラル」主演 石原さとみ
3位 満足度3.63 「隣の家族は青く見える」

満足度ランキングでも「99.9-刑事専門弁護士-」が1位にランクイン。接触数と満足度の2冠を達成した。初回満足度3.97は、前クール放送の「ドクターX~外科医・大門未知子~」の初回満足度3.92を上回っており、今後の満足度上昇も大いに期待出来る数値となった。

また「アンナチュラル」もその上質な内容や石原さとみの魅力で高満足度を獲得。男女ともに高い満足度を獲得しており、女性満足度だけで見ると「99.9-刑事専門弁護士-」を上回った。

ただ、テレビウォッチャーでは高満足度の基準を3.70と定めており、高満足度を達成した作品がわずか2作品であったことは懸念すべき事態と言える。

2018年冬ドラマも始まったばかりであるが、「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」と「アンナチュラル」の2強対決となってきそうだ。今後、この2つのドラマに割って入るドラマが現れるのか。満足度がどのように変化していくのか、楽しみである。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: テレビウォッチャー) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。