体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コックピットに“サマラ”出現!? 『ザ・リング/リバース』呪いのビデオが飛行機をハイジャックする本編映像[ホラー通信]

ハリウッドが『リング』を新たに再映画化した『ザ・リング/リバース』が1/26より公開。今作より、本編映像をご紹介いたします。

ハリウッド版『リング』はこれまで『ザ・リング』(2002)、『ザ・リング2』(2005)が公開されていますが、今作はリブート版のため過去作を観ていなくても大丈夫。『リング』シリーズの大ファンだというスペインの新鋭F・ハビエル・グティエレスが監督を務める今作は、“呪いのビデオを見てしまった主人公がビデオのルーツを探り、呪いを解き放つべく奔走する”という原作に忠実なストーリー。更に、時代設定を情報の伝達が便利になった現代に合わせることで、動画やメールで手軽に“呪いのビデオ”が拡散できるようになり、スリルが増幅しています。

今回ご紹介する本編映像は、呪いにかかった青年が飛行機へと逃げ込むシーン。呪いのビデオを見た者は7日後に死ぬ――おそらくその7日目だったのでしょう。必死に逃げ惑う青年、飛行機の中ならばサマラ(=日本版『リング』の貞子)もさすがに追いつけない……、かと思いきや……? 

座席のモニターすべてに呪いのビデオが映し出され、ついにはコックピットのモニターからサマラの姿が……!! “呪いのビデオを見た者は7日目に死ぬ”の約束を果たすため、サマラは上空までも追ってくるようです……。呪いにかかった人間を仕留めるついでに呪いも拡散させていく、その手際の良さには感服せざるを得ません。ちなみにこのシーン、映画の“冒頭”でございます。まだまだこれよりインパクトのあるシーンが本編にはありますよ! その全容は是非劇場でお確かめください。

映画『ザ・リング/リバース』は1/26より公開です。どうぞ、お楽しみに!

公式サイト:http://thering-movie.jp/

ホラー・カルト映画&ホラーエンタメ情報の『ホラー通信』はこちら – http://horror2.jp[リンク]

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会