体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【知っ得】中華鍋の手入れ方法|焦げ付きとおさらば!

【知っ得】中華鍋の手入れ方法|焦げ付きとおさらば!

中華鍋を長く使うための、正しい手入れの方法をご紹介。合わせて中華鍋を長持ちさせるための普段の心がけや、初めて使う時の準備方法をご紹介します。これから中華鍋の購入を考えている方は必見!

目次

中華鍋の正しい手入れ方法

これから中華鍋を使い始めるなら

中華鍋を長持ちさせる賢い使い方3選

 

中華鍋の正しい手入れ方法

まずは中華鍋の正しい手入れ術をご紹介します。
これから中華鍋を使おうと考えているなら要チェック!

 

中華鍋の手入れ方法

余熱が残った状態でお湯に付けたほうが焦げ付きは取れやすくなりますが、火傷には十分注意してくださいね。

【用意するもの】

お湯・・・適量

油・・・適量

スポンジ・・・1個

キッチンペーパー・・・適量

【中華鍋の手入れ】

中華鍋を調理に使用した後、まだ余熱が残っているうちに、お湯で汚れを洗い流します。ガンコな油汚れや焦げ付きは、スポンジを使って軽くこすって落としましょう。

汚れを落とした後はキッチンペーパーで水分を拭き取り、さらに弱火にかけて残った水分を飛ばして乾燥させます。

最後にサビを防ぐため、油を染み込ませたキッチンペーパーを使って、中華鍋に油を薄く塗って手入れ完了です。

中華鍋に馴染んだ油も落としてしまうため、洗剤を使って洗うのは避けて。
スポンジで汚れが落ちない場合は洗剤を使って洗うほかありませんが、洗った後は忘れずに油を塗り込んでおきましょう。

 
【サビができてしまった時は】

お使いの中華鍋にサビができてしまったら、クレンザーを付けた金たわしか、150番程度のサンドペーパーを使って擦り落とすようにしましょう。
サビを落とした跡は焦げ付きやすくなっているので、一度中華鍋を強火にかけ、後述する”油慣らし”をおこなってくださいね。

 

これから中華鍋を使い始めるなら

© PIXTA

もし、あなたがもっている中華鍋が購入した新品のものなら、いきなり調理には使わないでください。
”空焼き”と”油慣らし”をする必要があるからです。ここでは、その2つの方法をご紹介しましょう。

 

空焼きで錆止め加工を取る

工場から出荷された状態の新品の鍋は、錆止め加工が施してあります。
購入した新品の中華鍋は、この錆止めを落とす”空焼き”の必要があります。その方法をご紹介しましょう。

【用意するもの】

水・・・適量

台所用中性洗剤・・・適量

キッチンペーパー・・・適量

スポンジ・・・1個

【空焼きの方法】

最初に中華鍋の表面の汚れやホコリを取り除きます。水と中性洗剤を使って、スポンジで軽くこする程度で十分です。

洗剤を水でよく洗い流し、キッチンペーパーを使って中華鍋に残った水気を拭き取ります。

水気を拭き取った中華鍋をコンロに移して中火にかけ、白い煙が出始めたら強火で空焼きします。錆止め加工が焼ききれると煙は出なくなりますが、念のため換気扇を回しておくようにしましょう。

中華鍋の表面が青みがかった黒色になったら空焼き終了の目安。中央の部分だけでなく、中華鍋を傾けて側面も空焼きを行いましょう。

全体の空焼きが終わったら火を止め、熱が自然に冷めるのを待ちます。冷めた後はもう一度水と洗剤を使って、スポンジで汚れを洗い流しましょう。

最後にキッチンペーパーで水気を拭き取って、使い始めの空焼きは完了です。

中華鍋の中心部分だけでなく側面も空焼きする必要があるので、火にかけたまま放置しないように。
また空焼き中は鍋が高温になるため、火傷にはくれぐれも注意してくださいね。

 

”くず野菜”で油慣らしを行い中華鍋に油を馴染ませる

© PIXTA
1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy