体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Interview】出欠確認が1分で完了!コスパ抜群の教育サポートサービス「Btend」を探る

 “Education(教育)”と“Technology(ITテクノロジー)”を組み合わせた新時代のビジネス分野 “Edtech(エドテック)”が、近年注目を集めている。誰もが知っているブラウザ上のプログラミング学習や、動画を使ったオンライン学習も、このジャンル。今や教育は、Edtechなしでは語れない時代に差しかかっているのだ。

今回ご紹介する「Btend(ビーテンド)」も、そうした現場の変化に対応して生まれたサービス。大学など各種教育機関における授業の効率化と、学習効果向上を目的に開発されたものだ。

提供元は、2016年設立のビーテンド。代表取締役の松本 尚宏(まつもと たかひろ)氏に、話を聞いた。

・出欠管理からアクティブラーニングまで多彩にサポート

Q1:まずは、このようなサービスを提供するに至ったきっかけから、お聞かせください。

私はこれまで、モバイルソリューションの開発に多く携わってきたのですが、その中で特に大きな可能性を感じたのが、近距離無線通信(Bluetooth)です。仕様のアップデートにより、近くのスマホ同士が容易に通信できるようになったので、人が集まる場所で、ぜひこの技術を生かしてみたい、と考えるようになりました。

折しも、仕事でおつきあいのある教育機関が、授業参加者の管理を課題にしておりました。そこへ2年前に、プロトタイプを作って持ち込んだのが始まりです。教室へ何度も出向いて検証を続けるうち、次世代につなぐ教育をITで変えていくことに、大きな意義を感じるようになったため、サービス提供に至りました。

Q2:「Btend」とは、どんなサービスなのでしょうか。仕組みや特長など、詳細について改めて教えてください。

GPSとBluetoothの併用によって端末の検出を行い、出欠管理を効率化するサービスで、スマートフォンアプリ(iOS, Android両対応)を活用しています。他にも、クリッカー、メッセージ、課題機能によって、授業中のアクティブ・ラーニングをサポートするなど、授業以外でのコミュニケーションも容易にします。

出欠確認時以外は、位置情報をオフにできますし、先生によるステータス操作は1タップで済みます。プライバシーを気にする学生や、スマホのバッテリー切れにも配慮して構築しました。

・コスト削減のメリットも

Q3:本サービスを導入することで、教育機関はどのようなメリットを得られるのでしょうか。

BYOD(先生や学生保有の端末機器)のため、設備投資コストが不要となります。クラウドサービスなので、大きなシステム投資も必要ありません。

登録は講師1人から可能で、テスト検証もすぐに実行できます。授業運営をスマート化し、アクティブにすることで、教員と学生の業務改善、満足度向上が狙えます。教育ビッグデータの収集基盤として、IR活動(Institutional Research)に役立てることもできます。

Q4:正式版リリースまでの展開について、教えてください。

ベータ版リリース直後から、多くのフィードバックをいただいています。出欠や各種データ取得用のAPIの要望を含め、既存のLMSとの連携機能は、早めに提供したい、と思っています。

今後の展開では、正式版という区切りなく、継続的な改善や新機能の提供を、積極的に試していきたい、と考えています。反転学習、ソーシャル学習、アダプティブ学習、人材マッチングなど、テーマはたくさんありますので、(サービスを育てながら)EdTechによる教育イノベーションの一翼を、担っていくつもりです。

「Btend」は、現在ベータ版として公開中。9月の正式版リリース(予定)まで、無料で利用できる。教育関係者で興味のある方、この機会に試してみてはいかがろうか。(取材・文 乾 雅美)

Btend

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会