体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

京都国際写真祭2018年、ジャン=ポール・グードや深瀬昌久らも参加

180121
「遊戯」1991年 (C)Masahisa Fukase Archives

 京都を舞台にした国際的な写真祭「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2018」が、4月14日から5月13日まで開催される。丹波口エリアや京都文化博物館別館のほか、建仁寺内の両足院、誉田屋源兵衛 黒蔵や竹院の間といった通常非公開を含む会場で展開される。

第6回のテーマは「UP」。グローバルな局面においてもさまざまな問題に直面する今、一人ひとりが行動や創造を通じて自分を、世界を変えることができるようにポジティブなメッセージが込められている。
今回は、写真家やグラフィックアーティスト、デザイナー、映画監督など多岐にわたり活躍する仏アーティスト ジャン=ポール・グードの国内初となる本格的な個展や、2012年に他界した深瀬昌久の国内初の没後回顧展を開催。
また、1950年代からファッション写真の表現に新風を吹き込み、同ジャンルの黄金期を担った写真家の一人フランク・ホーヴァットや、2012年に逝去した中川幸夫、1994年生まれの新生 宮崎いず美、アフリカを代表する現代美術家の一人 ロミュアルド・アゾゥメなどの作品がそろう。

作品展示と併せて、数カ所の展覧会を廻る週末ガイドツアーや体験型ワークショップといった来場者向けイベントをはじめ、若手育成プログラムやキッズプログラムなどを企画。サテライトイベント「ケージープラス(KG+)」では市内約60カ所で同時多発的に写真展が開催される。

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2018
(英語表記:KYOTOGRAPHIE International Photography Festival 2018)

会期:2018年4月14日(土)~5月13日(日)

主催:一般社団法人 KYOTOGRAPHIE

共催:京都市(予定)、京都市教育委員会(予定)

メインスポンサー:ビー・エム・ダブリュー株式会社

スポンサー:シャネル株式会社、ルイナール(MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社)、富士フイルム株式会社、株式会社マツシマホールディングス 他

会場:丹波口エリア(京都市中央市場場外)、京都文化博物館 別館、両足院(建仁寺内)、誉田屋源兵衛 黒蔵/竹院の間 他

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。