体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小室哲哉引退にtrf・鈴木亜美がコメント「小室さんがいなければ、今の私達はいません」

dsc_2239-2

小室哲哉が18日の週刊文春の報道を受け、19日に記者会見を行った。不倫釈明会見だと思われたが、自身の病気、妻・KEIKOの介護について語り、自身の音楽性に関しても悩んでいたことを打ち明けた。そして小室は音楽活動引退を宣言した。

この衝撃の会見を受け、早速trf、鈴木亜美、AAAがコメントを発表した。

<trfコメント>
25年前、私達は“TK RAVE FACTORY”として小室さんのプロデュースのもとデビューさせて頂きました。
小室さんがいなければ、今の私達はいません。
とても寂しい想いがございますが、私達は小室さんから戴いた沢山の素晴らしい楽曲を、これからも大切にしていくことに変わりはありません。
いつかまた一緒に奏でられる日がくれば…と願っています。

TRF メンバー一同

<鈴木亜美コメント>
小室さんの記者会見を拝見しました。
引退を決意されたことと、小室さんのお話に涙が止まりません。
父の様な存在の小室さんが、何年か前から現場でお会いする度、体調が悪そうなのに周りを気遣い、頑張って音楽制作をしている姿を心配ながら見ていました。
小室さんのことを理解しているスタッフさんや、小室さんが大好きなみんなは小室さんを信じ、これからも尊重していきます。
小室さんがご自身で決意したことなら、心からお疲れ様と、ありがとうをお伝えします。
小室プロデュースで私はデビューし今年で20年。
小室さんがいなければ今の私はありません。小室さんの沢山の楽曲が世界に溢れ愛され、この先も残っていくことには変わりはありません。
どうかどうか涙は見せないで、いつまでも音楽を愛する小室さんでいてください。

鈴木亜美

<AAAコメント>
小室さんの引退の決意を聞き、メンバー一同、本当に寂しい気持ちです。
AAAにとって、小室さんに作っていただいた楽曲があったからこそ、立てたステージがあり、出会えた人たちがたくさんいます。
そして、今までも、これからも、多くのファンのみなさんに愛され、AAAの活動を支えてくれるとても大事な作品たちです。
心から感謝しています。
青春時代も共に過ごした、小室さんのすべての音楽をこれからも大切にしていきたいです。

AAA メンバー一同

ぽんの記事一覧をみる
ぽん

記者:

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy