体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

かかる前に!風邪・インフルを撃退できそうなアイテム3つ

全国的に風邪やインフルエンザの流行シーズンに突入しているが、かかって辛い思いをするよりも日頃のちょっとした工夫でこれらを寄せ付けずに済めば、それに越したことはない。そこで今日は、風邪・インフルエンザ予防として有効と思われるもののうち、注目度の高いアイテムを3つ集めてみた。うがい・手洗いや睡眠などの基本的な対策と共にこれらを上手に使って、今の季節を乗り切って!


1.「ホットで飲むサプリ ビタミンC&植物性乳酸菌」
まず紹介するのは、身体が温まりそうな、“ホットで飲むサプリ”。寒さが気になる季節にうれしい「ショウガエキス末」が240mg、弱った時に積極的に摂りたい「ビタミンC」が1000mg(レモン果汁換算で50個分に相当)配合されている。ファンケルから冬季限定で販売中のこのアイテム、寒い日も身体が芯から温まりそうだ。個包装なので持ち運びもカンタン、また、カフェイン0なので就寝前でも安心!価格は10本入りで1235円(税抜)。


2.「やわらか保湿ほんのり温感マスク」
今の季節にはもはや定番商品となったマスク。さまざまな商品が各社から販売されているが、この「やわらか保湿ほんのり温感マスク」は、呼吸の湿気で発熱する旭化成の温感素材“トップサーモ”を採用。厚手のやわらか素材で肌触りがよいのも特徴だ。5枚入り378円(税込)、アズフィットから。


3.「ANTI VIRUS INNER(アンチ ウイルスインナー)」
“着るウイルス対策”として、現在注目を浴びているのがコレ。繊維に付着した特定のウイルスを減少させる「抗ウイルスインナー」だ。口腔内の治療や消毒液をベースに開発された固定化抗菌成分(Etak®/イータック)を浸透させることで、繊維に付着した特定のウイルスを減少させる。仕事柄マスクができない、という人などには特にオススメ。メンズ・レディースの両方で展開されており、価格は各1300円~1700円(税抜)。グンゼから販売中で、現在、イトーヨーカドー、セブン&アイのネットショッピングサイト「オムニ7」ほかで購入できる。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。