体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自作自演? 自問自答? 『Peing-質問箱-』で14万人以上が自分に質問を送っていたことが判明

peing_net

『Twitter』上で誰でも簡単に“質問箱”を設置し、匿名の質問を受け付けることができるサービス『Peing-質問箱-』。16日、同サービスの公式『Twitter』(@Peing_net)が、「【お知らせ】サービス開始以来、Peing-質問箱-で回答された数が1000万を超えました!ちなみに累計で質問数は1400万件ありましたので、皆さんが質問に飢えていることがわかりました。」と報告。

続けて、「なお、自作自演の質問が30万件ありました。相当飢えているようです。」と、ユーザーの意外な動向を暴露して話題を呼んでいます。


以前にはユーザーからの「質問が来ません」という苦情に「質問を貰えるよう日頃から魅力的なツイッターを心掛けましょう」とマジレスしていた同アカウント。明けて17日、「【お知らせ】昨日30万もの自作自演による質問があったことをご報告しました。分析してみると自作自演をしていた人の数としては14万人以上でした。うち約120人が100問も自分に質問を送っていました。」と、さらに詳細なレポートをツイートしました。


これに対しては、「かなり恥ずかしい」「お願いだからやめたげて」「承認欲求の奥深さ」などと思わず赤面する人が続出。一方で、「そういうブランディングの方法もあるでしょ」「ツールの使い方は人それぞれだと思います」「あらぬ疑いを呼んでしまうのでは」といった意見も。

同アカウントは「【謝罪】自分で自分に質問する行為は『自作自演』ではなく、『自問自答』のために使っているという方もいらっしゃるようでした。誤認識でしたのでお詫び申し上げます。」と追加でツイートし、「詫びるポイントはそこじゃないww」「煽っていくスタイル」などと、さらなる反響を呼んでいる次第です。




※画像は『Twitter』(@Peing_net)より引用

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会