体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#50 冷えとり

meisa

 年は明け、新春の挨拶も去年の出来事のように遠ざかり始めたが、春とは名ばかりの近日の寒さは、例年通りに、これからまだまだ増すのだろう。
私が住む沖縄でも、冬はやはり冬で、しっかりと寒い。気温こそ10℃を下回ることはあまり無いが、冬の大海原に船で出ている時に受ける北風のような冷風が冬じゅう続くので、体感はしっかり実際の気温マイナス5℃になる。
南国の島とはいえ、冬はちゃんとあるのだ。東京からの観光客が沖縄の方が寒いと漏らすこともあるくらいだ。南国だと油断した毛穴が、那覇空港から外に出た途端に慌てて閉じようとする様が目に浮かぶようである。
程度の差はあるが、日本全国冬の寒さを共有している中で、冷え切った身体について、しっかりと考えてみるのには良い機会だとしたい。

「冷えとり」については既に知れ渡っているのではないか。
 少なくとも健康法や、ヒーリングに意識が向いている層には広く知られているものだと思う。服部みれいさんの紹介なども後押しとなって、私の周囲の人たちも実践している人が見受けられる。
 内容は、そのままずばり「冷え」を取るわけだが、詳しくは知らなかった。天然素材の靴下を何重にもして履き、とにかく足元を冷やさないように注意している、というくらいの知識しかなかったので、いつの間にか家にあった、「これが本当の『冷えとり』手引書」(PHP研究所 進藤義晴・幸恵著)をまずは読んでみた。
五行説などの東洋医学の考えをベースにしながら、冷えを万病の元だとし、すなわち冷えをとることで排毒すれば、心身ともに健康を取り戻すというのが本筋である。
冷えをとるための実践法としては、足元を重点的に下半身をとにかく冷やさないことを提唱している。これは言わば、入浴時の半身浴を常態化する試みであり、上半身の体温に対してマイナス5℃という下半身(知らなかった!)を温めることによって、上半身と下半身との体温差を無くし、これによって血液と気の流れを良くし、自然治癒力や自己調整機能が高め、排毒を促進させるということだ。

2ページ目につづく

meisa_1

日常生活に常なる擬似半身浴状態をもたらしめる靴下重ね履きというわけだが、その本元である入浴時の実際の半身浴も勿論推奨されている。
 これは「冷えとり」とは別に半身浴健康法として既によく知れ渡っていることだろう。バスタブでの半身浴中の手持ち無沙汰を解消するための読書棚や、防水スマホ、防水スピーカーなどは、実際便利だし、半身浴での読書は私も既に好きな時間のひとつである。体は芯から温まり、汗をたっぷりかいてすっきりするので、排毒が実感できる。ただ忙しい平日には、推奨されている20分以上の半身浴はなかなか難しく、その効果を知りながらも毎日というわけにはいかないのが多くの人にとっての現実ではないだろうか。
 「冷えとり」では、半身浴の直後に、まずは靴下をしっかり重ねて履き、次に下半身を十分に保温するために厚手のパジャマなどを重ね、上半身は薄着になって、ベッドに入る事を良しとする。可能ならば、湯たんぽを足元に置き、就寝中も穏やかな半身浴状態を保持しようというわけだ。
 そこまでして足を温め続けなくてはいけないのか、とその徹底ぶりに驚き感じざるを得ないが、長年の経験によって培われた知見ゆえなのであろうから、ここは徹底してやってみた方がよさそうだ。
 とはいえ、何事もお試し期間があってもいいはずだ。まずは半身浴と就寝時の靴下重ね履きと湯たんぽくらいから始めるのが簡単そうだ。靴下は推奨されているのは、まず地肌に五本指の絹を履き、その上に綿を重ねていくのだが、あいにく絹は持ち合わせていないので毛と綿の混紡もので間に合わせることにした。湯たんぽは既に持っていた。
 もともと、ストレスが高まると匂いの強い汗などで排毒できていたので、今回に限ったことではないのだが、起床時の部屋はいつもよりも匂いが強いような気がした。寝つきと目覚めも最近の中では良かった。全てが冷えとりのおかげなのかは分からないが、少なくともしばらく続けてみようかという気にさせられる結果だった。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会