体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

野菜が高い!!!!!!!! 今だからこそ行きたい「野菜をモリモリ食べられる飲食店」はここだ!

おい!! 最近いくらなんでも高すぎるだろ!!

レタス1玉398円……

トマト2個398円……

トマト4個498円……!!

レタス1玉580円……!!!!

いくらなんでも野菜の価格、高騰しすぎだろ!!!!

しっかり野菜を食べられる飲食店に行こう!

よりによってインフルエンザが大流行し始めているタイミングでの野菜の価格高騰。こんな悪循環なことはありません。野菜が徐々に食卓に並ばなくなり、栄養が不足しはじめ、少しずつ免疫が落ちて気がつけばインフルエンザですよ。これはまずい!

そこで有効活用したいのが外食です。一時的に野菜の価格が高騰しても、値上げを行う飲食店はあまりありません。外食の機会があったら野菜をモリモリ食べられる飲食店を優先的に選んで、しっかりと栄養をつけておくべきでしょう。

というわけで今回は全国的に店舗展開をしているチェーン店を中心に、野菜をたっぷり食べられる店やメニューを紹介したいと思います。

リンガーハットの『野菜たっぷり食べるスープ』

長崎ちゃんぽんをメインに取り扱うリンガーハット。もともと野菜をたっぷり使ったメニューが多いですが、特におすすめなのが『野菜たっぷり食べるスープ』

長崎ちゃんぽんの麺のかわりに野菜が投入され、結果的に野菜とスープだけになったというメニューなのですが、その野菜の総量はなんと480グラム! お好みでドレッシングをかけて食べるのもアリのようです。

サブウェイで『野菜全部増し』

サンドウィッチ専門店のサブウェイもレタスやトマト、オニオン、ピーマンなどのフレッシュな野菜がたっぷり使用されていますが、野菜の量はお好みで増減可能。迷わず「野菜全部多めで」と注文しましょう。

モスバーガーの『菜摘』

モスバーガーでも野菜たっぷりのハンバーガーを食べることができます。ハンバーガーのバンズをレタスに変えた『菜摘』シリーズが最強です。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。