体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レノボが2眼式で前方180°を撮影するVR180対応カメラ『Lenovo Mirage Camera』とスタンドアロンVRヘッドセット『Lenovo Mirage Solo』を発表

レノボが2眼式で前方180°を撮影するVR180対応カメラ『Lenovo Mirage Camera with Daydream』とVRヘッドセット『Lenovo Mirage Solo with Daydream』を発表

レノボは1月9日から12日にかけて開催される展示会『CES2018』で、GoogleのVR動画フォーマットであるVR180対応のカメラ『Lenovo Mirage Camera with Daydream』と、スタンドアロンVRヘッドセット『Lenovo Mirage Solo with Daydream』を発表しました。

lenovo_mirage2

VR180は、360°動画のような全方位ではなく、前方180°を2眼式のカメラで撮影する動画フォーマット。VRヘッドセットでは180°のVR動画として再生でき、パソコンやモバイルでは高解像度の動画として視聴できます。『YouTube』や『Google フォト』が対応しており、撮影した動画を共有したりライブストリーミングすることが可能。

lenovo_mirage3 lenovo_mirage4

『Lenovo Mirage Camera with Daydream』の本体重量は139g。1300万画素の魚眼カメラ2基で180°動画を撮影します。電源、シャッター、ファンクションの3ボタンのみというシンプルな操作で、静止画と動画の撮影とライブストリーミングが可能。Wi-Fi Directでスマートフォンに映像を転送し、スマートフォンをビューファインダーとして利用できるほか、本体から直接Wi-Fiで『YouTube』に動画をアップロードしたりライブストリーミングすることができます。

2GBのRAMを搭載し、ストレージ容量は16GB。最大128GBのmicroSDカードを外部ストレージに利用できます。USB Type-Cポートからの充電、もしくは取り外し可能なバッテリーから給電し、高解像度の動画撮影で最大2時間の連続使用が可能。2018年の第二四半期ごろの発売を予定。価格は未定で、米国でのターゲット価格帯は300ドル以下とのこと。

lenovo_mirage5

『Lenovo Mirage Solo with Daydream』は、GoogleのVRプラットフォーム『Daydream』に対応し、スマートフォンなしで利用できるスタンドアロンのVRヘッドセット。 5.5インチの内蔵ディスプレーはQHD (2560 x 1440) の解像度で、視野角は110°。4GBのRAM、64GBの内蔵ストレージを搭載し、最大256GBのmicroSDカードを外部ストレージに利用可能。バッテリー容量は4000mAh。

lenovo_mirage6

モーションコントロールに対応し、タッチパッドを搭載するワイヤレスコントローラーが付属。『Daydream』のモーショントラッキング技術“WorldSense”により、部屋の空間を自由に使ったVR体験が可能になります。

lenovo_mirage7

『Lenovo Mirage Camera』と組み合わせて利用すると、誕生日パーティーでプレゼントを開けるシーンを撮影して、『Lenovo Mirage Solo』でその場にいるような再体験をすることも可能になります。『Lenovo Mirage Solo』も2018年の第二四半期ごろの発売を予定。価格は未定で、米国でのターゲット価格帯は400ドル以下とのこと。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。