体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

専門家に聞く!誰でも理想のカバンが見つかる、スーツケースの上手な選び方

海外旅行で必須のアイテムと言えば、パスポート、外貨、旅行保険などいろいろとありますが、スーツケースも不可欠ですよね。とはいえこのスーツケース、いろいろと選択肢があって何を選べばいいのか、正直迷ってしまうケースもあるはずです。

誰でも理想のカバンが見つかる!スーツケースの上手な選び方
そこで今回はカバン・バッグの専門店である池田屋から、上手なスーツケースの選び方を教えてもらいました。これから初めてスーツケースを買う人、あるいは買い替えたいと思っている人などは、ぜひともチェックしてみてくださいね。

 

ステップその1:宿泊日数とサイズを考える

誰でも理想のカバンが見つかる!スーツケースの上手な選び方
上手にスーツケースを選ぶためには、大まかに4ステップを踏んでみてください。まずは宿泊日数からスーツケースのサイズを考えます。基本的に泊数でサイズが決まり、

1~3泊・・・~40リットル(~55cm)

2~5泊・・・40~50リットル(55~65cm)

4~7泊・・・60~69リットル(61~70cm)

6~9泊・・・70~79リットル(65~70cm)

7~10泊・・・80~89リットル(68~75cm)

10泊以上・・・90リットル~(65~80cm)

といった関係になるそう。ただ、このサイズも、

・暑い地域に行く or 寒い地域に行く

・ビジネス目的で行く or 観光目的で行く

によって微調整をするといいみたいですね。サイズの大きさは、

寒い地域>暑い地域

観光目的>ビジネス目的

という具合に考えてみてください。寒い地域に行く、もしくは観光目的で行くと、衣類やお土産などで荷物が増える傾向にあるからですね。

逆に暑い場所に、ビジネスで行く場合は、少し小さめのスーツケースでも対応できるかもしれません。

 

ステップその2:旅のスタイルと現地の治安を考える

誰でも理想のカバンが見つかる!スーツケースの上手な選び方
泊数で大まかなサイズを考えたら、今度は訪れる国の治安や、旅のスタイルを考えます。その上で、

・ファスナータイプ

・フレームタイプ

・ソフトキャリー

を決定するといいみたいですね。

ファスナータイプとは、本体が金属や硬い樹脂でできているものの、開閉部分がファスナーでできている商品。ある程度の軽さと、強度を兼ね備えたタイプですね。

しかし最悪の場合、ナイフでファスナーの部分を引き裂かれれば、開けられてしまいます。

誰でも理想のカバンが見つかる!スーツケースの上手な選び方
一方のフレームタイプは、本体も開閉部分も金属や硬い樹脂で作られていてるスーツケース。開閉部もがっちりとホールドされており、ナイフで引き裂かれるといった心配もありません。その分、重たく扱いが大変というデメリットも・・・。

誰でも理想のカバンが見つかる!スーツケースの上手な選び方
ソフトキャリーは本体がソフトカバーで、開閉部分がファスナーでできています。その意味で防犯面では弱いのですが、軽い上に小物を入れられるポケットが多く設けられていて、機能性に優れています。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。