体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マネージャーは大変!こだわりが強すぎる松本潤「ラーメンの麺を持参」「これはソースじゃない!ステーキソース!」

1月3日に放送されたフジテレビ特番『嵐ツボ』で松本潤の強すぎるこだわりエピソードがいくつも暴露された。

番組では、歴代の嵐のマネージャー11人にさまざまなアンケートをとる企画を実施。

「嵐のメンバーで一番こだわりが強いのは?」の質問に、誰とは口にしないも、満場一致の雰囲気をかもしだす嵐メンバー。そんな中、「いや、意外と違うかもしれないよ?(笑)」と松本が抵抗してみせるも、11人中8人からの票を獲得し、松本が1位という結果だった。

地方にラーメンの麺を持参

歴代マネージャーから、ドリンクや食べ物についての細かなこだわりエピソードが出てくると、今度は嵐メンバーたちからも衝撃を受けたエピソードが飛び出す。

相葉が「(松本は)地方に行く時に麺だけ持ってくるよね」と言うと、「あれすごかったねー!」と櫻井も同調。地方にメンバーで行った際、みんなは普通に作ってもらったラーメンを食べていたが、松本だけグルテンフリーの麺を持参。スープだけ作ってもらい、その持参した麺を入れて食べていたのだという。

櫻井は事前に、楽屋にそのグルテンフリーの麺だけ置いてあるのを発見し、「何これ?(冗談で)食べていい?」と言ったところ、マネージャーに「ほんとやめてください! 松本さんに怒られます!」と勢い良く止められたことも明かした。

ソースへのこだわりが強すぎる松本潤

さらに、「今ついているマネージャーが本当に松本潤の名言を生み出す」と二宮。ソースにこだわりが強い松本が、カニクリームコロッケを食べる際に、「ソースを持ってきて」とマネージャーに要望。マネージャーはステーキソースを差し出し、松本が「ソース!これはステーキソース!」と叫んだと言うのだ。

松本自身もこの“カニクリームコロッケ事件”について語る。

そのカニクリームコロッケは、二宮が嵐のコンサートの楽屋に差し入れしたものだった。嵐メンバーはコンサート前によくステーキを食べるため、楽屋にステーキソースなどが常備されているのだとか。

松本はカニクリームコロッケが大好き。コロッケに添えられていたのはトマトベースのソースだったが、「俺はカニクリームコロッケは普通の茶色い(ウスター)ソースで食べたいの。俺はね」と語る松本。こだわりの主張に他メンバーもニヤニヤが止まらない。

そこで、マネージャーに「そこにソースあるから取ってくれない?」と松本が頼み、「これです」と渡されたのがステーキソース。「いやいや、これは違う。これはステーキソースだから、普通のソース取って」と松本が言うと、マネージャーは、まったく同じものを2分後くらいに松本の目の前に置いたという。

「で、いやいやこれ違うじゃん?って話をしたの(笑)。でも『これソースです』って言うから」と、松本はステーキソースと書いてあるラベルを確認し、「これはソースじゃない!ステーキソース!」と力強くマネージャーの前にそのボトルを掲げてみせたと再現した。

他にも松本は、歴代マネージャーに「ケチャップがないとポテトが食べられない」「バーベキューソースでナゲットなんか食えないよ、と言われた(ナゲットにはマスタードソース派)」など、ソースへのこだわりの強さを暴露されていた。

また、番組ラストに登場したゲッターズ飯田に今年のソース運を尋ねると、「松本さんは心が16歳で止まっているので、甘めのソースが良いかもしれないですね」とアドバイスを受けていた。

※画像はフジテレビ公式Twitterより

ぽんの記事一覧をみる
ぽん

記者:

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。