体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Google Playプロテクト」がマルウェアを検出するとどうなる?

Google が昨年リリースした Android 向けのセキュリティサービス「Google Play プロテクト」が実際にマルウェアを検出するとどうのように振る舞うのかをご紹介したいと思います。Google Play プロテクトは Google Play 上のアプリと Android デバイスを定期的にスキャンして不正アプリがないかどうかをチェックします。大抵の場合、マルウェア等は検出されず「問題ありません」と表示されますが、もし Google 側で危険と判定されたアプリの場合はまず上図のような通知が届きます。通知をタップするとメッセージの詳細を確認でき、アンインストールするように促します。自分で追加したアプリがスキャンに引っかかった場合はアプリをアンインストールできますが、今回のようにシステムアプリが引っかかるとアンインストールはできず、代わりにアプリを無効化します。

■関連記事
SamsungのBixby HomeとBixby Voiceがバージョンアップ
Hubsanからレーシニングドローン「Hubsan H122D X4 Storm」が発売
Android TV「NVIDIA SHIELD(2017年モデル)」のレビュー

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。