体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

性転換された殺し屋のトンデモ復讐劇『レディ・ガイ』ウォルター・ヒル監督インタビュー 「映画は自分のために作るもの」

女に改造されても“弾丸(タマ)”はある――

漢(おとこ)の世界で生きてきた殺し屋が、復讐によって性転換させられ、目が覚めたら女になっていた! そんな衝撃的な役柄を、オトコっぽさと女性らしさを兼ね備えたミシェル・ロドリゲスが演じ、復讐のために手術を施す狂った女ドクターをシガニー・ウィーバーが演じることで話題となったリベンジ・アクション・スリラー『レディ・ガイ』。1月6日よりいよいよ日本公開です。

監督は、ハードボイルドなアクション映画を多数手がけてきた名匠ウォルター・ヒル。公開決定の記事を出した当初、読者から「こういうマンガあるよね」と多数コメントをいただいた今作ですが、原案がなんと35年も前に存在していたというのだから驚きです。この物語の映画化を長らく考えてきたというウォルター・ヒル監督にお話を伺いました。

<ストーリー>
凄腕の殺し屋フランク・キッチン(ミシェル・ロドリゲス)は、「お前は敵を作りすぎた」とボスに抹殺されそうになる。銃撃戦で意識を失ったフランクは、見知らぬ安ホテルのベッドで目覚める。全身に巻かれた包帯を取って鏡の前に立った瞬間、彼は驚愕する。そこにいたのは、まぎれもない女。フランクは性転換手術を施されていたのだ。ベッドの脇に置かれたテープレコーダーを再生すると、女の声が。声の主は医者で、手術はフランクへの復讐を意味しているという。大切な《もの》を奪われ、女となった殺し屋は、銃と色気を武器に、復讐に立ち上がる――!

ウォルター・ヒル監督インタビュー

――デニス・ハミルによる原案が35年も前にあったことに驚きました。原案からかなりアレンジは加えているのでしょうか?

ヒル監督:ストーリーは少しアレンジしていますね。でも男性が女性の体にさせられてしまうこと、そして“復讐”という大きなテーマは一緒です。主人公は殺人を犯した青年で、出所したところで外科医と出会う。原案での外科医は男性で、その奥さんを青年が殺したという設定だったんです。

――日本では男性が女性の体に変わってしまうというコミックがいくつかあるんですが、基本的にコメディの要素が大きいのです。『レディ・ガイ』はコメディよりもハードボイルドなテイストですね。

ヒル監督:好みの問題だと思うんだけれど、僕はやはりそっちのストーリーテラーなんですよね。今回目指したものはコメディではなく“コミックブック・ノワール”です。だけれども、この物語の根底に流れるのはアイロニックなユーモアでもあります。観客の反応を誘導するようにストーリーテリングしていますから、キャラクターの受ける天罰を見て、やはりみんなフフッとほくそ笑むんじゃないかな?(笑)

『レディ・ガイ』 ミシェル・ロドリゲス

――「この主人公はミシェル・ロドリゲスのために書かれた役では?」と思ってしまうくらいにハマり役だと感じました。

ヒル監督:俳優はあとから決めたのです。脚本を読んだ彼女とランチをして、どうやら彼女は脚本を気に入っているらしいと。で、あとは彼女を起用するかどうかですよね。これはクルマの映画(※おそらく『ワイルド・スピード』)とはかなり違う演技を要求する役ですから、慎重に決めないといけない。

1 2次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。