体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

帰省の度に外見に文句を言う親に「イヤ!」を伝えた結果は!? 「うちの両親もだ」「日本人は身内を褒めるのが下手くそ」と共感集まる

kisei_ijiri_01

年末年始は実家で過ごすという人は多いでしょうが、「義務感で帰る」という人や「帰って両親と会うのが憂鬱」という人も中にはいるのではないでしょうか。

ある『Twitter』ユーザーが、帰省のたびに外見に文句を言われるというエピソードをツイート。共感の声が集まっていました。


実家に帰る度に両両親に外見をdisられるのである日ポロリと母に「帰省のたびに外見に文句言われると帰省したくなくなる」と言ったところ驚いた顔をされたしその後定例のようにdis入れてきた父をアワアワしながら止めてるの見てこの人私が言うまで私が何も感じてないと思ってたのかと驚いた。

「たぶん、いじりだと思ってたんだろうな」というこのツイート主。「血の繋がった親ですら嫌なのに赤の他人に外見イジられるなんて真っ平御免だよ」と続けています。

これに対して「うちの両親もです」「関係が近いとひどいことを言っても許されると思っている人が多い」といった反応があったほか、「気持ちは伝わらないのでキチンと伝えるの大事」といった声も。

中には、次のようなツイートも。


このタイプの親って自分の子供が自分の配下にあると思ってるんだと思う
自分の産んだ子だから何言っても許される
みたいな
血が繋がってるからって理由でなんでも許されると思ってる

「日本人は身内を褒めるのが下手くそ」といった反応もあった家族への外見いじり。親しい関係でもひとりの人間として接することが大事だと理解していない毒親に対しては、一度くらいガツンと伝えるのがよいかもしれません。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/nokolover/status/946608377290829825 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy