体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

昨年の結果に不満続出『NHK紅白』今年の審査方法は? すべての票数が1票扱いに変更!

昨年、勝敗を決める投票問題で視聴者から大きな疑問の声が上がった『第67回NHK紅白歌合戦』。今年はどうなっているのだろうか。

昨年は、デジタルTVやワンセグ、専用アプリから視聴者投票が可能となっており、視聴者投票の結果は “紅組:2,527,724票 白組:4,203,679票”と圧倒的に白組の優勢。会場の観客の投票結果は“紅組:870票 白組:1,274票”だった。

しかし、会場のゲスト審査員の投票ボールを数えだすと紅組のボール数が多く、「紅組の優勝です!」のアナウンス。

結局ボールの獲得数で勝敗が決まるシステムで、視聴者投票多数でボールを2個獲得、観客投票多数もボール2個換算となり、ゲスト審査員ボールを追加した白組ボールは計6個。紅組はゲスト審査員ボール9個を獲得し、大どんでん返しで紅組の優勝となった。

この結果に司会者も困惑、視聴者からは「審査員は1人何万票なの?」「視聴者票でいくら大差ついても全く関係ないやん」と不満の声が続出したのだ。

参考記事:
『NHK紅白』視聴者投票意味なし! 紅組優勝に「国民投票を無視」と大荒れ
http://getnews.jp/archives/1582413[リンク]

今年の審査方法は?

今年も視聴者投票はアリ! しかし、今年はデータ放送からの投票のみ。※ワンセグ、アプリからの投票はナシ。

視聴者投票数、会場の観客投票数、ゲスト審査員の投票数、すべてを合計した票数で勝敗を決めるとのこと。

しかも、今年は、すべての票数は1票扱い! これは重要!!

ただし、視聴者投票は、番組のラストではなく、各対戦(楽曲披露)が行われたタイミングで投票となるので注意。※1対戦(2曲)ごとに、曲が終了して次の曲が始まるまでの間が投票時間。

また、今年は、投票総数で優勝チームが決まるので、最後のボール投げも行わないという。少し寂しいが、わかりやすい勝敗の付け方だ。

投票方法の詳細は紅白ホームページから確認できる。

第68回NHK紅白歌合戦 審査について
http://www.nhk.or.jp/kouhaku/judge/

ぽんの記事一覧をみる
ぽん

記者:

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。