体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

缶でも発売した『グランドキリン』を専用グラスで飲んだらウマすぎた

缶でも発売した『グランドキリン』を専用グラスで飲んだらウマすぎた

キリンビールが2012年から販売しているクラフトビールブランド『グランドキリン』。1本で満足できるプレミアムなビールとして、瓶でそのまま飲むのが特徴でしたが、9月には缶入りの『グランドキリン』3製品『グランドキリン JPL(ジャパン・ペールラガー)』『グランドキリン IPA(インディア・ペールエール)』『グランドキリン WHITE ALE(ホワイトエール)』が発売。さらに12月5日には、ファミリーマート・サークルKサンクス限定で缶入りの『グランドキリン 梟の森』が発売されています。これを専用グラスで飲むと美味しいということで、キリンビールさんに専用グラスを使って試飲させていただきました。

grandkirin_glass2

全4種類の『グランドキリン』がズラリ。それぞれ、製品の特徴に合った専用グラスに注いで楽しんでみます。

grandkirin_glass3

まずは『グランドキリン JPL』から。国産麦芽の豊かで香ばしい味わいと余韻、国産ホップ『IBUKI(いぶき)』のフローラルな香りが特徴のビールです。キリンビールは、このビールのための専用グラスを開発。キリンビールのECサイト『DRINX』で販売しています。

grandkirin_glass4

最初に香りを楽しみます。上から鼻をグラスの中に入れてかいでみるのがおすすめだとのこと。確かに、グラスの内壁を回り込むように香りが立ってくるのに驚きます。

grandkirin_glass5

味の方は……しっかりと強い味が口に広がります。専用グラスは、口の中に流れ込む速さや面積も計算された形状になっているようです。

grandkirin_glass6

ウマい!

grandkirin_glass7

グラスの下の方の形状は、にぎりやすさを考慮しているのと同時に、『グランドキリン』の瓶の形状を意識しているのだとか。確かに、直径や持ち具合が瓶から飲んでいるのと似た感触をもたらしています。

grandkirin_glass8 grandkirin_glass9

このグラスの形状には、さらに秘密が。グラスに注いで泡をたてたビールを飲み続けていると、最後の方は泡がなくなってきてしまいますが、このグラスは傾けたときに底の方で空気に触れて泡がたち、戻す際にはトルネードのように底から泡が立ちあがってくるのです。グラスに注いだらあとは注ぎ足しをしなくても、泡の立ったおいしい状態のまま飲み続けることができるのがスゴい!

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。