体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【炎上】女子アナがラジオを馬鹿にしてラジオ女子アナがブチギレ激怒! 女子アナVS女子アナ「久々に腹が立った」

image2

元ニッポン放送で、現在はフリーアナウンサーとして活躍する五戸美樹さん(31歳)が、烈火如く怒り、インターネット上でブチギレ激怒している。その理由は、ラジオを馬鹿にする女子アナがいたためだ。彼女はTwitterで以下のようにコメントしている。

・五戸美樹さんのコメント
「ラジオをバカにする女子アナが存在することを知り、久々に腹が立った。ラジオをバカにするものはラジオに泣くのだ。私はラジオパーソナリティーであることと、アナウンサーという肩書きに誇りを持っている!以上!」

image

ラジオをバカにする女子アナが存在することを知り、久々に腹が立った。ラジオをバカにするものはラジオに泣くのだ。私はラジオパーソナリティーであることと、アナウンサーという肩書きに誇りを持っている!以上!

— 五戸 美樹 (@miki_gonohe) 2017年12月20日

・インターネット上の反応
「そういった方がいるのは残念です。五戸さんは立派なラジオ人ですよ」
「ラジオのアナウンサーは、TVと違って、ちゃんとした声の技術を持ってると思ってるので、バカにするとか有り得ないね」
「ラジオはとても素晴らしいものです。わたしは本当にラジオ大好きなのでバカにはして欲しくなかった」
「そんな人は問答無用ですね ラジオの世界をなめんなよですね」
「そんなアナウンサーはアナウンサーとして失格ですよね」
「ラジオだから言えることがたくさんありますから、バカにはできないです」
「そんな事言ってる女子アナが居るとはねぇ。酷いねぇ。余程、仕事に自身が無い証拠ですね」
「ラジオをバカにする者はラジオに泣く。本当にその通りです」

・馬鹿にできる要素はひとつもない
テレビやインターネットが普及した現代においても、ラジオは重要な情報ツールであり、エンターテインメントのひとつだ。馬鹿にできる要素はひとつもないし、バカにする発言はそこで働くスタッフや女子アナに極めて失礼な行為である。

・犯人探しが開始か
一部の情報によると、すでに「ラジオを馬鹿にした女子アナ」の犯人探しがゴシップ系マスコミによって開始されているとか。誰が言ったにしても、ラジオの素晴らしさを知らない女子アナであることは間違いない。

もっと詳しく読む: 女子アナがラジオを馬鹿にしてラジオ女子アナがブチギレ激怒(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/12/21/miki_gonohe/

※冒頭画像はイメージです

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy