体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、Chromeでの広告ブロックを来年2月15日より開始

Google は今年 6 月に Chrome ブラウザに好ましくない広告を掲載しているサイトでの広告を非表示にする方針を明らかにしましたが、来年 2 月 15 日からそれを実施することが分かりました。Chrome の広告ブロッカーは現在開発中の Chrome 64 に組み込まれており、1 月 23 日に正式リリースされる予定です。次の Chrome 65 は 3 月 6 日にリリースされる予定なので、広告ブロッカーはサーバサイドの設定によって制御されるものと見られます。好ましくない広告とは、一般消費者のデジタル広告体験を改善する目的で 2018 年 1 月に始まる Better Ads Experience Program で規定されたガイドラインで対象になったものを指します。例えばデスクトップ環境だと、ポップアップ広告、音声付きで動画を自動再生する広告、カウントダウンを伴う広告が対象となっており、モバイル環境ではポップアップ広告、プレスティシャル広告、密度が 30% を超える広告、点滅する動画広告、サウンド付きの動画広告の自動再生、カウントダウン広告、フルスクリーンスクロールオーバー広告、大きなスティッキー広告が対象になっています。ガイドライン違反は広告エクスペリエンスレポートを通じてサイト管理者に報告され、サイト管理者は違反を修正するとサイトを再審査のために申請することができます。違反の報告から 30 日が経過しても修正されない場合にはそのサイト上に掲載されている広告の表示を Chrome で停止するということです。このような取り決めも Better Ads Experience Program の中で定められています。現時点で Better Ads Standards は欧州と北米のデスクトップとモバイル環境向けに開発されているので、日本市場はサポートしていないと見られます。Source : Google

■関連記事
Samsung、Android Oreoでスクリーンショットの命名規則を改良、アプリ名を付加して検索フレンドリーに
米Amazon、Echo Lookの全身セルフィーをSNSに投稿して友達にファッションを評価してもらえるサービスを開始
サンワ、スティッグ型スマホ向け360カメラ「400-CAM063」を発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy