体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インドネシアに魅せられた起業家、小野寺望に聞く 「人のために働く」モチベーション

小野寺望さん

横浜で少人数制英会話スクール「Nido English School」を運営する小野寺望さん。2013年にオープンしたスクールのコンセプトは、様々な国を通じ世界の裏側を知ること。プライベート&グループレッスンのほか、イベントとしてキャンプや料理教室なども企画しています。もちろん日本人生徒がメインですが、外国人講師の日本文化の勉強として、座禅を組んだり日本舞踊を行ったことも。また、スクールの売上のほとんどを、小野寺さんが20代半ばで出会ったインドネシアの孤児院に寄付していました。そこには、彼女だからできる働き方がありました。

 

グローバルな環境や経験が原動力に

小野寺望さん

–今までのご経歴を教えてください。

出身は横浜です。幼稚園から小学校はアメリカ、高校はカナダで過ごしました。異文化体験によって様々な価値観があることを学び、「みんな違って、みんないい」という性格は、海外生活の経験で培ったものだと思っています。

学生時代から漠然と「子どもに関わる仕事がしたい」という想いがあり、高校時代はカナダのインターンシップで一年間、保育園や幼稚園で働きました。そこでは「子どもだけ」ではなく、「子どもも大人もみんなで一緒に楽しむ空間」が常にあり、子どもたちは「優しくしなさい」と教えられるより、優しい人に囲まれていれば自然と思いやりのある子になるんだと学びました。私も「子どもも大人も皆が楽しめる社会作りに関わりたいたい」と徐々に思うようになりました。

大学時代は、世界中の国々へバックパックで旅へ。各国のストリートチルドレンや多くの人との出会いから「小さくてもいいから、世界中にある貧富の差をなくしたい。格差を広げる側に回らない仕事をしよう」という気持ちが強くなりました。

–インドネシアとの出会いを教えてください。

はい。まず大学を卒業して英会話スクールに入社。働きながら通信制の大学で4年間学び、教員免許を取りました。インドネシアの子どもたちに出会ったのはこの頃です。私の趣味は海外旅行とサーフィンで、ある日インドネシアの海でサーフィンをしていましたが、近くに36人の子どもだけが住む建物がありました。いわゆる孤児院です。

金銭的、精神的な面で子育てのできない親が、孤児院に赤ちゃんを置いていくのです。幼児から高校生までが集団生活していて、18歳になったら孤児院を出て仕事に就く、という風習がありました。地域に受け入れられていた施設でしたが、国はノータッチ。援助のシステムなどありません。その現状を見て、私はそこに住む子どもに「明日から私もここに住んで良い?」と聞かずにはいられませんでした。ビザの関係もあり長期滞在することは叶いませんでしたが、孤児院と日本を行ったり来たりする生活がそこから始まりました。

 

学費サポートのためのスクール開校

小野寺望さん

–インドネシアの子どもたちと出会い,どのような行動を起こしたのですか?

観光客に物乞いをして生計を立てている子ども達にとって、将来に職を得ることは難しい現状がありました。18歳で孤児院を出ても、生きていくために自分の体を売らざるを得ない子もいました。可能性が無限にあっても、環境がそれを引き出せないという、冷たい現実。

地域の支援、現地の頼れる大人のネットワークを作り、食料確保や教育のサポートを行いました。教育を通して子ども達が色々な選択肢を知り、自分の人生や社会を「努力次第」で作っていけると感じられることや、「これから」を信じられることは本当に重要です。選択肢がいくつもある中で自分の生き方を選べることと、最初から限られた生き方しか目の前にないことでは、人生の組み立て方が大きく変わってきます。「選択肢がいくつもある中で好きな選択ができる」ということは、当たり前のことではないと私も改めて教わりました。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。