体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

年賀状限定で料金52円据え置きが現場に混乱も? 「局によっては融通が利かない」「トップに問題がある」

nengajyo_01

郵便料金の改定によって、通常はがきの料金は52円から62円に値上げされていますが、年賀状に関しては2017年12月15日から2018年1月7日までに差し出された分は52円の据え置き価格で送ることができます。期間外は10円切手を追加して貼ってなければ送り先が10円払うことになります。

ある『Twitter』ユーザーがこの件に関して、12月15日以前に出すと料金が違うことの周知が徹底されていないことを踏まえて次のようにツイート。


今回のことで思ったのは、郵便局の人は思いの外カツカツで仕事してるのかもなって。体や心を病んでる人も多いし、こんなツイートにも自分のことのように感じて食いついちゃうような精神状態の方がいるんだし。これから忙しそうだから優しくしてあげたいね。おつかれさま。宅配ボックス必要だね。

このツイートから郵便局員だというユーザーが「受け取り拒否という手もあります」としつつ、次のようにツイート。


まず郵便局側も留め置きしとけって話なんですけどねー
うちんところも早速ぶり込んでる方が多数なんですが、局によって留め置きしない融通の利かないところが多いのも事実…
郵政側もテレビCMで受付期間をもっと宣伝すべきだったと思いますね

ほかにも、同業者や事情を知っているユーザーからは「末端の現場局員さんが最大限努力していると思う」「12月15日からだと気がついていないのでは」といったツイートが多く見られた一方、「年賀状だけを期間限定で据え置くという、現場が混乱することが十分予測できるやり方を押し通したトップに問題がある」といった意見もありました。

年賀はがきの郵便料金について(日本郵便)
http://www.post.japanpost.jp/service/fee_change/nenga2018/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。