体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

注目の若手俳優、清原翔が恥ずかしくなる理由

注目の若手俳優、清原翔が恥ずかしくなる理由
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。12月14日(木)のオンエアでは、注目の若手俳優、清原翔さんをお迎えしました。

清原さんは、1993年神奈川県生まれの24歳です。2013年からモデルの活動を始めて、2016年から俳優の活動を開始。俳優としてはこれまでに、ドラマ「警視庁いきもの係」「東京タラレバ娘」「レンタルの恋」や、映画「HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY」に出演されています。さらに12月23日(土)からは映画「リベンジgirl」も公開されます。

身長は185センチ。20、21歳の頃に『MEN’S NON-NO』のオーディションに立候補したことがきっかけで、モデル・俳優の世界に入ったそうです。大学の理工学部に通っていたものの、勉強に興味がもてなくなり、在学中に何かをチャレンジしようと思って応募したところ、合格。ところが、当初は仕事がなかったとか。

体型もモデルとしては少し太めだったのが理由だそうで、5〜6kg痩せるようになって仕事が増えたそうです。清原さんは「それまで太っていると言われたことがなかったので、驚きました」と当時を振り返りました。

ただ、モデルや俳優として活躍している今も、向いていると思ったことはほとんどないそうです。

清原:モデルだと、自分じゃなくて服がメインなんですけど、役者は僕がメインなので、役者としてインタビューしてもらう時はメインが僕なので、すごく恥ずかしくなってしまうんです。
クリス:それほど、役者の気持ちになっているっていうことですよね。
清原:役者としての活動は1年目なんですけど、慣れてきたわけではないんですけど、楽しさは徐々に多くなってきていて…そこは楽しいです。

そんな清原さんが出演する映画「リベンジgirl」の主人公は、桐谷美玲さん演じる宝石美輝。東京大学を主席で卒業、ミス・キャンパスにも選ばれ、性格以外はパーフェクトな女性です。清原さんは、イケメンですが少し癖のあるサラブレッド2世、斎藤裕雅を演じます。

今回、清原さんが演じないといけないのが自信満々な人だったものの、清原さん自身は普段、自信がなさそうに見えるタイプで、「自信があるように見せる」努力をしたとか。

清原:普段から声が小さいので、自信がないように見えるんです。だから、監督からは「現場に入る時に大きな声で『おはようございます』って言え!」って言われました。そこからやりました。「声が小さい!」って言われて、言い直したこともありました。
クリス:大きな声を出して本番に臨めるって良いですね!

ちなみに、清原さんは恋愛シーンは初めてだったそうですが、そこで学んだことや、清原さんが思う「女性のキュンとくるしぐさ」についても伺いました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/index.htm

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。