体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実写映画『銀魂 パート2』役柄変更の佐藤二朗「俺の役は間違いなく、“神楽”だ。ちょっとそれ以外考えられない」

今年夏に実写映画化された週刊少年ジャンプの看板コミック『銀魂』(原作:空知英秋)の続編映画の制作が決定、2018年夏に劇場公開、さらに出演者の発表も!

第1作めとなった実写映画では、福田雄一監督(勇者ヨシヒコシリーズ等)のもと主演の小栗旬さんを始め、史上最強の超豪華キャストが結集。人情、笑い、そしてド派手なアクションが繰り広げられる天下無敵の痛快アクションエンターテイメントは、2017年の夏休みのビッグエンタメトピックスとなり、最終興行収入38.4億円、2017年の実写邦画ではNo.1(※2017年12月5日時点)の成績を記録の大ヒット!

さらに中国では16,637スクリーンにて大規模公開され、中国における日本実写映画オープニング新記録を樹立。

DVD&BDも、週間レンタルランキング全ジャンルにおいて2週連続第1位を獲得するなど好調(集計期間: 11/20~12/3、TSUTAYA 調べ)。

そして、先日、小栗旬さんと福田雄一監督が登壇し行われた“ブルーレイ&DVDリリース記念 トークイベント”で続編の『銀魂 パート2』(仮)制作決定を発表。その中で、『ジャンプフェスタ2018』にて続報発表を告知していました。

ついに本日12月17日(日)、『ジャンプフェスタ2018』ジャンプスーパーステージの『銀魂』ステージにて新情報が解禁!

スーパーステージに登壇したのは、アニメ『銀魂』シリーズで主人公・坂田銀時の声を務める杉田智和さん、志村新八の声を担当している阪口大助さん、神楽の声を務めている釘宮理恵さんの3名。彼らと来場者に向けて贈られた小栗さんと福田監督によるビデオメッセージ内で、佐藤二朗さんの出演決定が発表されました!

さらには佐藤さんが前作で演じた、銀時たちに立ちはだかる敵・高杉晋助(堂本剛)率いる攘夷過激派武装集団“鬼兵隊”の武市変平太とは異なる役柄で出演するとの情報も。

映像内で福田監督の口から佐藤さんの出演が発表されると、場内は笑いで包まれ、小栗さんも思わず「いる?この情報?(笑)どうせこんなこったろうと思ったよ(笑)」と笑顔をこぼす。そして「“武市変平太は出ないけども、佐藤二朗は出る”というヒントで(銀魂の多数のエピソードの中の)何篇かを想像して頂けると非常に有り難いです」と福田監督はメッセージと共に意気込み、今後の続報への期待を煽らせました。

前作にて豪華キャスト&個性が豊かすぎる登場人物たちの中でも、爆発的な印象をもたらし、大きな反響を呼んだ佐藤二朗さん……次はどんな役に?

<佐藤二朗:コメント>
『銀魂 パート2』(仮)で、「武市変平太は出ないが佐藤二朗は出る」との情報。そして続編決定の次に、俺の出演が発表されたという事実。この2つから推察される答えはただ1つ。俺の役は間違いなく、「神楽」だ。ちょっとそれ以外考えられない。
いいだろう。心の準備はできている。橋本環奈よ。神楽は俺に任せるアル。
前回空知先生から「佐藤二朗だけは原作を知らずに自由にやってよい」とのお言葉を頂いたが、神楽を演じるならそうもいかないアル。
原作を熟読熟知し、原作ファンの皆様から「神楽の再現度、神」と言われたい。仏だが神と言われたい。俳優人生を賭けた「神楽」を楽しみに待ってろアル。

◆実写映画『銀魂 パート 2』(仮) 2018年夏全国ロードショー
監督:福田雄一
原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
主演:小栗旬
製作:映画「銀魂」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/
(C)空知英秋/集英社 (C)2017 映画「銀魂」製作委員会

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。