体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

太陽光でエコな列車旅行を!世界初のソーラーパワートレインがオーストラリアでスタート

1980年代後半から、さかんに研究開発されてきたソーラーカー。世界各地でレースが開催されるなど、注目を浴び続けてきたが、一般車としての販売は、未だに実現していない。

その夢を列車でかなえようというのが、このプロジェクトだ。オーストラリアのバイロンベイ鉄道会社は、ビーチリゾートの観光客を対象に、ソーラーパワートレインの走行を開始すると発表。世界初となるこの試みに、今各界が熱い視線を送っている。

・古典的なディーゼル列車を改装

ベースとなる車両は、2台のディーゼルエンジンがついた古典的な旅客列車だ。改装にあたり、2つのディーゼルエンジンのうち、1つを除去。一方のエンジンには、電動モーターとバッテリーを搭載。さらに、重量とバランスを保つため、取り外したエンジンの代わりに、別のディーゼルエンジンを装備している。こちらは、電気的な障害が発生した場合、緊急バックアップとして稼働するとのこと。

バッテリー容量は、77キロワットアワー。屋根につけたソーラーパネルと、30キロワットのソーラーアレイによって走行する。空に雲が広がっているときも、蓄えた太陽光で走れるよう、設計されている。

・走行距離は3キロメートル

頻繁にエンジンをかけたり、駐停車の回数が多い自動車は、太陽光による長距離走行には向かない。おまけに、パネルを実装するのに、車体デザインにも配慮しなければならない。しかし、列車なら、そうした心配も無用だ。一度走れば、目的地まで停止はしないし、緊急事態が発生しなければ、急停車することもない。パネルも、車両の屋根に簡単につけられる。

最も重要なバッテリー問題も、解決しそうだ。同社路線の各停留所には、大型のソーラーパネルを設置。各所で、簡単に充電できるようにするという。

路線距離は3キロメートルほど。ニューサウスウェールズ州バイロンベイリゾート近くにある、ごく短いルートを走る予定だ。1時間に1回の低速走行ではあるが、観光客を引き付けるには十分だろう。

Byron Bay Railroad Company

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。