体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デザインを自分でカスタマイズできるスマートピンバッジ「BEAM」が登場

スーツに襟等に身に着けるピンバッジは、社章やファッションアイテム、政府などへの抗議や特定の目的を果たすことを誓う意思表明など、様々なシーンで利用されていますが、表示部分を完全にカスタマイズできるウェアラブルなピンバッジ型ボタン「BEAM」が発売されました。BEAM は BEAM Authentic 社によって開発された AMOLED パネルタイプの Bluetooth ピンバッジで、専用アプリを使って写真などからピンバッジに表示するロゴやメッセージのデザインをカスタマイズすることができます。これ一つあればどのようなシチュエーションでも趣旨に合わせたピンバッジをユーザー自身で作れます。アプリでは GIF やスライドショーも作れるほか、作成したデザインを SNS でシェアすることも可能です。BEAM は現在、同社の WEB サイトで $99 で販売されており、購入ごとにそのうちの $3 は慈善団体に寄付されます。。BEAM の仕様としては、400 x 400 の AMOLED パネル、ライトセンサー、加速度センサー、磁石によるアタッチメント、ファンクションボタン、24 時間バッテリーを内蔵しています。BEAM」(Google Play)Source : BEAM

■関連記事
Googleフライトが機械学習技術でホテル料金を追跡、Google Tripsには割引機能が追加
世界最速とも言われる「OnePlus 5T」のベンチマークスコア
強力な文法チェック機能を備えた英語キーボード「Grammarly」のAndroid版がリリース

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。