体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スチャダラパーBoseがハイエースのカスタム車をガチでチェック!

▲「クラシカルな縦目でボディカラーは自由に選べる。そしてインテリアはキャンピング仕様にできるのだから、言うことない!」とBoseさん

▲「クラシカルな縦目でボディカラーは自由に選べる。そしてインテリアはキャンピング仕様にできるのだから、言うことない!」とBoseさん

外装も内装もカスタム。これぞ理想のキャンピングカー

1990年のデビュー以来、日本のヒップホップシーン最前線でフレッシュな名曲を作り続けているスチャダラパー。中古車マニアでもあるMC、Boseが『カーセンサーnet』を見て触手が動いたDEEPでUNDERGROUNDな中古車を実際にお店まで見に行く不定期連載! 今回はハイエースのカスタムモデルをチェック!

前回のランクルに引き続き、フレックス Renoca世田谷店からハイエースをお届けします。気になる方は下記リンクからどうぞ!

スチャダラパーBoseが古き良き時代を再現したランクルに思いを馳せる

「メルセデス・ベンツのキャンピング仕様を手に入れてから、家族でのキャンプやフェスの楽屋、楽曲制作のデモまで録ってと、いろんな場面で大活躍! ただ、夏ごろからちょっと壊れ気味でね。気に入っているけれど、次の車に買い替えることも考えていたんだ。そんなとき、たまたまプライベートで遊びにいったフェスにフレックスがブースを出していて、ハイエースのリノカを展示していたの。思わずブースにいた人に話しかけて、いろいろ見せてもらったんだ」

ハイエースをベースにしたキャンピングカー、および水回りなどが装備されていないキャンピング仕様は多くのショップが作っている。フレックスもランクルとともにハイエースを長く扱い、様々なシートアレンジを楽しめるキャンピング仕様のハイエースを作っている。

▲「やっぱり後ろの席はベッドにならないと! これなら家族3人でも寝られるね」と、ガチで物色

▲「やっぱり後ろの席はベッドにならないと! これなら家族3人でも寝られるね」と、ガチで物色

ただ、Boseさんはキャンピングカーショーなどでハイエースを見て、ずっと不満に思っていることがあった。

「キャンピングカー屋さんは車内で快適に過ごせる車を生み出すプロだから、室内には様々な工夫を凝らしているんだけど、外観は普通のハイエースでぱっとしないんだよね。一方でエクステリアのカスタムを手がけているショップは内外装をカッコよく作るけれど、キャンプで使うのとは目的が違う。両者がタッグを組んでキャンピングカーを作ってくれたらいいのにってずっと思っていたんだよね。そんなときにシートをベッドにできるハイエースのリノカを見て、『僕が探していたのはこれだよ!』となったわけ」

ハイエースのリノカは200系をベースに、1980年代に販売されていた50系ハイエースをほうふつさせる縦目4灯のヘッドライトを装着。ボディカラーはクラシカルな雰囲気の13色が用意され、モノトーンと2種類の2トーンがラインナップ。さらにラインステッカーも複数あり、車体を好みに彩ることができる。

▲明るい色はキャンプ場に似合う。タイヤをさりげなくドレスアップしているのもお洒落!

▲明るい色はキャンプ場に似合う。タイヤをさりげなくドレスアップしているのもお洒落!

「キャンプに行くと、ハイエースや日産のNV350にたくさんの荷物を積んで、大きな基地を作る人を見かけるよね。みんな思い思いにキャンプを楽しんでいるけれど、車はたいてい白か黒。僕の目から見ると、大自然の中に車がいるのが似合ってないと感じてしまうんだよね。今はお洒落でカラフルな道具が人気だから、余計に車とのギャップが目立っちゃう。僕と同じような気持ちになっている人は少なくないと思うんだ。だからルノー カングーだったりヴァナゴン(フォルクスワーゲンのT3やT4)でキャンプする人が増えているんだよね。カングーはまだしも、ヴァナゴンとかになってくると今度は故障が心配。このハイエースなら故障の心配はないだろうし、街中でもキャンプサイトでも様になるからいいよね」

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy