体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【衝撃裏技】PS4をPS2的なメニュー画面にできるぞおおおおお! 普通には不可能 / しかし裏技で可能 / レガシーテーマのやり方を紹介

legacy-dashboard-dynamic-theme3

皆さんはプレイステーション4のメニュー画面をどんなデザインにしていますか? メニュー画面のデザインをテーマと呼びます。最初からデフォルトのまま使用している人もいるでしょうし、好きなゲームのテーマにしている人や、有料のスタイリッシュなテーマにしている人もいるでしょう。

・伝説のテーマ
実は、プレイステーション4のメニュー画面テーマをプレイステーション2のようなテーマにできるのです。このテーマは有料で約300円ほど。もちろんソニー公式のもので、レガシーテーマ(遺産的テーマ / 伝説のテーマ)として配信されています。

legacy-dashboard-dynamic-theme2
legacy-dashboard-dynamic-theme

・基本的に日本では購入不可能
ですが、日本では購入不可能です。欧米でのみ配信されており、日本での配信は未定で、日本のプレイステーションストアから購入することができないのです。しかしながら、日本にいながらレガシーテーマにすることが可能です。

・北米のAmazonでプリペイドカードを買う
まず、北米のプレイステーションネットワークID(アカウント)を作ります。しかし海外のアカウントは日本のクレジットカードで支払いができません。ですので、北米のAmazonでプレイステーションのプペイドカードを購入し、それを支払いに使用します。するとレガシーテーマを購入することができます。

legacy-dashboard-dynamic-theme1
legacy-dashboard-dynamic-theme3

・日本アカウントでレガシーテーマを使用
プレイステーション4は、1台の本体で複数のアカウントを管理できます。海外のアカウントで購入したゲームやテーマを、日本のアカウントで使用することもできるのです。ですから、まずは北米アカウントでレガシーテーマを購入し、ログアウトして日本のアカウントでログインし、テーマをレガシーテーマにすれば、めでたく日本アカウントでレガシーテーマが使用できます。

もっと詳しく読む: PS4をPS2的なメニュー画面にできるぞおおおおお! 普通には不可能 / しかし裏技で可能 / レガシーテーマのやり方を紹介(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/12/09/legacy-dashboard-dynamic-theme/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。