体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フリゲRPG『ざくざくアクターズ』約2年ぶりの大型アップデート!待望の水着イベント追加、戦闘画面のUI改良も

はむすた氏が制作するフリーゲームの長編RPG『ざくざくアクターズ(ざくアク)』の最新版となるバージョン1.30が、8日に公開された。

前バージョンから約2年ぶりの更新となる今回のアップデートでは、大規模追加シナリオ「水着イベント編」が追加。はむすた氏のブログにて2016年1月に始まった「ざくアク水着イベント製作日記」は全40回に及ぶなど長期にわたり制作が進められ、ファンの期待も大きかったイベントがついに完成となった。水着イベント編は28時間ほど遊べるボリュームとのこと。

また、ユーザーインターフェイスの面でも改良が施されている。戦闘画面では状態異常や能力強化・弱体化などのアイコンの表示位置が変わり、より多くのアイコンを同時に表示可能となった。さらに表示可能数を超えた場合でも、スクロールしてすべてのアイコンを見ることが可能。また、「状況確認」コマンドも追加され、各キャラクターの状況を一覧表示できるようになっている。『ざくアク』は特殊な状態異常や強化状態なども多数存在するゲームなので、ボス戦などで状況をより把握しやすくなるのは嬉しいアップデートだ。

zakuaku-update-1
zakuaku-update-2
状態異常や能力強化・弱体化などをアイコンでより把握しやすくなった。状況確認コマンドも追加

また、キャラクターのステータス画面では表示を切り替えて各種属性や状態異常への耐性などを表示可能となった。そのほかスキルの効果やコストなど、多数の調整も施されている。

関連記事:

あの人気フリゲRPGがカフェに!ざくざくアクターズ「ハグレ王国コラボレーションカフェ」11月20日から開催
フリーゲームRPGが原作者の手で漫画化!『大海原と大海原』のコミックスが発売
中編フリーゲームRPG『ファントムルーラー』配信開始 闇に侵食された世界で成長する王女の物語

もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。