体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プジョーのハイブリッド三輪スクーターは小型車と二輪車のいいとこ取り!

電気自動車の導入や、電気旅客機の開発が進むなど、環境に配慮した交通の整備が進むヨーロッパから、またも最新の乗り物のニュースが届いた。

今度は、仏プジョーが手がけたプラグインハイブリッドの三輪スクーター。電気で動き、そして車よりコンパクトと都市交通のためのスクーターだ。

・車のような快適さ

サイズは2.4×0.85メートルで、ピザ宅配などに使われる三輪スクーターを一回り大きくしたくらいのサイズ。しかし宅配スクーターと決定的に違うのは、ドアがあり乗車空間が車のように個室になることだ。

車内は空調もきき、運転中はシートベルトを着用。エアバッグも備わる。車のような快適さを備えつつ、スクーターのように小まわりがきくというのがメリットだろう。

もちろん、ゼロエミッションという大義もある。性能はというと、フル充電での航続距離は約300キロメートル。トップスピードは時速130キロだ。

・EUの都市交通模索

このスクーターの開発の背景には、ヨーロッパ12カ国の6企業による「Efficient Urban Light Vehicle」開発の取り組みがある。未来の都市交通構築を模索する動きで、これにプジョーの親会社PSAも参画している。

今回のハイブリッド三輪スクーターはこの取り組みを反映したもの。今のところ商品化について具体的な言及はないものの、こうした乗り物が今後増えてきてもおかしくなさそうだ。

PSA

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。