体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北海道だからこそ体験できる!その土地ならではのお仕事を紹介

北海道だからこそ体験できる!その土地ならではのお仕事を紹介

全国には様々なアルバイトがあります。中には地域の特色がよく分かるものや、その土地にしかない仕事も。せっかくなら、その地域ならではのアルバイトを通して、ほかではできない貴重な経験を得たり、新たな友達を見つけたりしてみませんか?

そこで今回は、筆者の暮らす北海道だからこそできるアルバイトを3つご紹介します。

 

1.地元名物「勝手丼」で観光を盛り上げるアルバイト

勝手丼のネタを用意する店員さん

まずご紹介するのは、北海道釧路市の名物グルメ「勝手丼」の盛り付けや海老の殻むきなどを行うアルバイトです。

海産物の街「釧路」と勝手丼

北海道東部に位置する釧路市は、サケやサンマなど多くの海産物が水揚げされる、水産業がさかんな地域です。そんな釧路市には、1954年以降地元の人はもちろん、観光客からも愛される「和商市場」という市場があります。

勝手丼はここで振る舞われる名物グルメ。店内にある様々なお店を周り、自分の好きな海産物を好きなだけのせて、オリジナル丼を楽しむことができます。

今回ご紹介するマルイチ佐藤商店は、勝手丼にのせる新鮮なネタを取り扱う店舗のひとつ。ネタを用意するのはもちろん、お客様から要望があったネタを丼に盛り付けることも行うそうです。

魅力は「釧路の良さを伝えられること」「新たな良さに触れられること」

勝手丼を作る店員さん

仕事の魅力は、なんといっても多くの観光客と接することができるという点。釧路市は海外からの観光客も多いため、時には英語で応対を求められることもあるのだとか。将来海外で活躍したい人にとっては、良い経験になるかもしれません。

また、魚の味や種類、旬などに詳しくなれることもポイント。新鮮で旬な魚の美味しさを知れば、これまで魚が苦手だった人も、自然と好きになってしまいます。これまで魚に興味がなかった人も、和商市場にある「勝手丼」を通じて釧路市の魅力に触れられる良い機会になるのでは? 取材協力:マルイチ佐藤商店

(釧路市黒金町13-25)

 

2.冷涼な気温だからこそできる野菜づくりのアルバイト

パプリカの出荷準備の様子

サラダに炒め物にと、様々な料理に彩りを添えてくれるパプリカ。適した栽培気温が19~26度ということもあり、国産品の出荷時期は夏までがピークとなります。しかし夏の平均気温が21.1度という釧路では、夏場に栽培できることから、国内では収穫・出荷が落ちる9月から10月に収穫・出荷ができるというメリットがあります。

釧路の気候の利点を活かして、市内でパプリカの栽培・出荷を行っているのが「北海道サラダパプリカ」です。ここで扱っているのはパプリカのみ。播種から収穫・出荷までを行っており、約6万株ものパプリカを育てているそうです。

「パプリカは子ども」 収穫時には達成感

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。