体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DADARAYが川谷絵音に内緒で録音 その理由は…?

DADARAYが川谷絵音に内緒で録音 その理由は…?
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。12月5日(火)はDAOKOとのコンビでお送りしました!

この日は、ゲスの極み乙女。のベーシストでもある休日課長さん率いるバンド、DADARAYが登場しました。DADARAYは休日課長さん、ボーカリストのREISさん、そしてindigo la Endやゲスの極み乙女。にもサポートコーラス・メンバーとして参加している、えつこさんからなる3人組ユニット。

12月6日(水)にメジャー1stフルアルバム「DADASTATION」をリリースするということで、その前夜祭として番組でスタジオ生ライブを披露してくれました!

今回は2回目のスタジオ生ライブだったため、リラックスしてできたのかと思いきや、「まったく慣れないですね…」とみなさん(笑)。すごく緊張していたそうなのですが、藤田とDAOKOはとても伸びやかなREISさんの声に感動しきりでした。

今回リリースする「DADASTATION」は全13曲収録。どんな仕上がりになっているのでしょうか? 休日課長さんに解説していただきました。

「STATIONというと終点みたいなイメージもあるけど、折り返すと始発駅になるわけじゃないですか。そういう意味があるかなと。ミニアルバム3部作を受けての、ある意味、終点でもありつつ、次の始発的な駅になるんじゃないかなと」(休日課長さん)

そしてREISさんも「すごいいろんな曲がこの1枚に収録されているので、聴いてて『次こう来たか!』って、驚きも多い1枚になったんじゃないかなと思います」と語ってくれました。

DADARAYの楽曲は、ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんが作られていますが、レコーディングは川谷さんが弾き語りしたものを、メンバーがそれぞれ担当の楽器で肉付けしていくそう。川谷さんのイメージと違うアレンジだと却下されることもあるそうなのですが…

「彼のいないところで勝手にレコーディングしといて、プレゼンして、いい感じのタイミングで呼んで聴いてもらって、『いいじゃん』ってなったら『よっしゃ!』って」と制作の裏話も披露してくれました。切磋琢磨しながらできあがった珠玉のアルバム「DADASTATION」。ぜひチェックしてみてください!

さて、次週11日(月)の週は、2017年の国内外の音楽トピックスを総ざらい! 「SONAR MUSIC」がセレクトした音楽の100トピックスとともに、4日間で100曲を大量オンエア! 番組だけでしか聴けない貴重なスタジオライブ音源もお届けするので、お聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。