体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

EMPiRE、アイナ・ジ・エンド振付による初MV公開&無料ファンクラブ”EMPiRE DROiD”の始動も

EMPiRE、アイナ・ジ・エンド振付による初MV公開&無料ファンクラブ”EMPiRE DROiD”の始動も

エイベックスとWACKによる共同プロジェクト“Project aW”から誕生したアイドル・グループ・EMPiREの初MV「アカルイミライ」が公開された。

「アカルイミライ」はファンクラブ会員限定で音源が配布されていたが一般には初公開となる新曲で、旅立ちの期待と不安をJxSxKが描き、松隈ケンタがサウンド・プロデュースした楽曲となっている。

MVは、BiSHの「オーケストラ」「My landscape」を手がけた大喜多正毅が監督を務め、BiSHのアイナ・ジ・エンドがBiSH以外のグループへ初となる振付を行った。

また、MV公開と同タイミングで、新アーティスト写真が公開。「EMPiRE is COMiNG[New Mix]」MAYU EMPiRE作詞による「TOKYO MOONLiGHT」、「アカルイミライ」の3曲がSoundCloudにて一般公開された。これまでファンクラブ会員しか聴くことができなかったEMPiRE(本物)による音源となっている。

さらに本日、無料ファンクラブ”EMPiRE DROiD”の始動が発表された。EMPiREのファンクラブ”EMPiRE CORE”は、3万円という価格にも関わらず募集開始間もなく150名満枠となり、欠員が出た時のみしか補充が行われないため、加入できなかった人は無料ファンクラブ”EMPiRE DROiD”をチェックしておこう。

12月8日、ZEPP DIVER CITY〈WACKのフェス。〉にてベールを脱ぐEMPiRE。OTOTOYではメンバーへの初インタヴューも掲載中なので、そちらと合わせてチェックしてみてはいかがだろう。(西澤裕郎)

アイナ・ジ・エンド(BiSH)コメント
「今回の振り付けのテーマは”類人猿たち”でした。EMPiREは、まだ顔も出してない頃からの注目度も高く、最初から振り付け師がついていたり、フォロワーもデビュー前から多くて、本人たちもプレッシャーを感じたりじてるんじゃないかなぁ? と思ったので、メンバーとも話しをして、『EMPiREはまだ人間にもなれていない類人猿なんだよ。頑張ってれば必ず明るい未来が待ってるから、焦らずゆっくり人間に成長していけばいいよ』って思って、人間になっていく過程を表現しました。EMPiREちゃん、もっと猿っぽく踊ってー笑」

EMPiRE / アカルイミライ [OFFiCiAL ViDEO]
https://www.youtube.com/watch?v=sjENAUY88FI
・EMPiRE SoundCloud
https://soundcloud.com/empireidol

・EMPiRE無料ファンクラブ『EMPiRE DROiD』
http://empire-fc.com/mailmag/

■EMPiRE LIVE Information
〈WACKのフェス。〉
2017年12月8日(金)ZEPP DIVER CITY
時間 : Open 17:30 / Start 18:30
出演 : BiS / BiSH / GANG PARADE / EMPiRE and more
チケット料金 : 4,800円(税込)
お問合せ : KM MUSIC 045-201-9999

■EMPiRE OFFiCiAL HP
http://empire-official.com/

・EMPiRE連載 Vol.1 EMPiREインタヴュー
https://ototoy.jp/feature/2017120507

EMPiRE、アイナ・ジ・エンド振付による初MV公開&無料ファンクラブ”EMPiRE DROiD”の始動も EMPiRE、アイナ・ジ・エンド振付による初MV公開&無料ファンクラブ”EMPiRE DROiD”の始動も EMPiRE、アイナ・ジ・エンド振付による初MV公開&無料ファンクラブ”EMPiRE DROiD”の始動も EMPiRE、アイナ・ジ・エンド振付による初MV公開&無料ファンクラブ”EMPiRE DROiD”の始動も EMPiRE、アイナ・ジ・エンド振付による初MV公開&無料ファンクラブ”EMPiRE DROiD”の始動も
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。