体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SSW折坂悠太、初のバンド編成によるスタジオ作『ざわめき』リリース決定

SSW折坂悠太、初のバンド編成によるスタジオ作『ざわめき』リリース決定

小山田壮平、GONTITI、後藤正文、寺尾紗穂、坂口恭平らが賛辞を送る本格派シンガーソングライター、折坂悠太。

日常の瞬間をシネマティックに掬い上げ、全ての人の心を掴むソウル・ミュージックをたずさえて、新作EP「ざわめき」を2018年1月17日にリリースすることが決定した。

折坂悠太は柏出身の弾き語りの形態をメインとして演奏するシンガーソングライター。ロシアやイランで幼少を過ごし、どこか音楽には大陸の匂いを感じさせるような、優しくも強く心を打つ壮大なスケール感をもつ。昨年から始めたバンド編成、折坂悠太(合奏)では今年8月に小規模なツアーを敢行、代官山晴れたら空に豆まいてで行われたワンマンライブはチケット完売、その後も小山田壮平との弾き語りツアーへの抜擢をはじめ、精力的なライブ活動で注目を集めている。

最新作「ざわめき」では、折坂悠太(合奏)のメンバーであり、ベースの寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラムの田中久仁彦(yoji & his ghost band)、ピアノの飯島はるか(に角すい)に加え、シンセサイザーに井手健介、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペットに高橋三太(1983)、ヴィブラフォンに影山朋子といったサポート・ミュージシャンを招いて制作され、これまでには無い新たな音楽エッセンスを取り込んだ、ダイナミックかつ繊細な作品となっている。レコーディング、ミックス・エンジニアは葛西敏彦、マスタリングは風間萌が手がける。写真は後藤武浩によるもの。

尚、OTOTOYからは『なつのべ live recording H29.07.02』ハイレゾ音源をはじめ折坂悠太の作品を配信中。(岡)

・OTOTOYにて『なつのべ live recording H29.07.02』をハイレゾ配信中
http://ototoy.jp/_/default/p/78960
・折坂悠太へ特集ページ(インタヴュー掲載)
http://ototoy.jp/feature/2017081005
・折坂悠太オフィシャル・ウェブサイト
http://orisakayuta.jp/

リリース情報
折坂悠太
『ざわめき』
2018年1月17日発売
定価:1500円+税
品番:ORSK-003
〈収録曲〉
1. 芍薬
2. 茜
3. 口無し
4. 呼び名
5. ざわめき

SSW折坂悠太、初のバンド編成によるスタジオ作『ざわめき』リリース決定
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。