体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クリスマスに人気のポインセチア、なぜ赤い?

クリスマスに人気のポインセチア、なぜ赤い?
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。12月5日(火)のオンエアでは、クリスマスシーズンを彩るポインセチアに注目しました。

鮮やかな赤が印象的なポインセチアですが、しばらく経つと色が抜けて緑色に変色します。最近では、白いポインセチアも出てくるなど、どのように色を調整しているのか気になるところ。そこで園芸家で、株式会社ジュリエッタ・ガーデン代表取締役の国吉純さんにお話を伺いました。

まず、ポインセチアの赤い部分は花ではなく、苞(ほう)といわれる葉が変化したもの。上の方にある小さなつぶつぶが花なのだそうです。

苞が赤い理由は、受粉を助けるため。ポインセチアは花が小さいため、苞を赤くすることで虫を呼び寄せます。最近出てきた白いポインセチアは品種改良で作られたもので、その他にも黄色など多彩な色が登場しているそうです。

そして苞が赤から緑に変わる理由については、そもそもポインセチアは「短日植物」という、日の当たる時間が12時間以下にならないと花が咲かない性質を持っているからだそう。苞が赤くなるのは花を目立たせるためですので、花が咲かない状況では苞も赤くなる必要がないとのこと。

つまり、例えば家庭のリビングなどは明るすぎ、9月下旬から40日間毎日欠かさず、夕方17時から20時まではダンボールをかぶせて光を遮らないと赤い色がつかないのだそうです。

「逆に、明るい状況で長時間置いておくと夏と錯覚して緑になるんです。なので家の中ではダンボールをかぶせて15℃を下回らない温度を保ちつつ、日中はよく日にあてると、毎年、鮮やかな色を楽しむことができます」(国吉さん)

ちなみに、ポインセチアという名前は、アメリカの初代メキシコ大使ポインセットさんから由来しており、ポインセチアはメキシコが原産。クリスマスに赤が合うということで、アメリカで広まったのだそうです。

さて、12月11日(月)の週の「BEHIND THE SCENE」では、今年大ヒットした「明治 ザ・チョコレート」や、世界最高の鍋として大人気の「バーミキュラ」まで、企業・商品の舞台裏に迫ります。どうぞお楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。